メインメニューを開く
行書答友人七律詩 上海博物館

莫如忠(ばく にょちゅう、1508年 - 1588年)は中国の明代中期に活躍した書家である。

字を子良、号を中行。松江府華亭県(現在の上海市西部)の人。

1538年に進士に及第し、官位は浙江布政使まで昇進する。書は王羲之王献之を学んで特に草書に優れ、またも能くする。明代の代表的書画家である董其昌の書の師として知られ、子である莫是龍書画で名を成している。江南の都市文化が発達する中にあって華亭では多くの優れた書家が輩出された。『明史』董其昌伝に書家として沈度沈粲張弼陸深・董其昌などに加え莫父子が並べられている。著書に『崇蘭館集』があり、代表的な作品として「行書答友人七律詩」などが伝わっている。

出典編集