菅原克也

日本の比較文学者

菅原克也(すがわら かつや、1954年11月29日[1]- )は、日本の比較文学者東京大学名誉教授、武蔵野大学教授。

人物編集

山形県出身。山形県立鶴岡南高等学校卒、1978年東大文学部仏文科卒、1984年同大学院比較文学比較文化博士課程満期退学、山形大学講師、1988年東京工業大学助教授(英語)、2000年東京大学比較文学比較文化研究室助教授、2002年教授。2019年退任、名誉教授、武蔵野大学教授・図書館長となる[2]。学生時代は第九次『新思潮』に参加していた。

著書編集

翻訳編集

  • ピーター・レヴィーン『野球をビジネスにした男 スポルディングと大リーグ』平凡社,1987
  • ジョン・J.マカルーン『オリンピックと近代 評伝クーベルタン柴田元幸共訳.平凡社,1988
  • マイケル・リチャードソン編『ダブル/ダブル』 柴田元幸共訳 白水社 1990 のち白水Uブックス
  • バリー・ロペス『冬かぞえ』パピルス 1995
  • R・A・モース,赤坂憲雄編集『世界の中の柳田国男』伊藤由紀, 中井真木共訳 藤原書店、2012

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『駒場2001』
  2. ^ researchmap