菅沼 定氏(すがぬま さだうじ)は、戦国時代武将

 
菅沼定氏
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 大永元年(1521年
死没 慶長9年7月26日(1604年8月21日
別名 十郎兵衛、信濃守
戒名 浄幽
官位 従五位
主君 松平清康広忠徳川家康
氏族 菅沼氏
父母 父:菅沼定広、母:大河内元綱の養女
兄弟 定継、左衛門次郎、定直定氏定仙奥平貞勝
定吉
テンプレートを表示

略歴編集

松平氏徳川氏)に仕え、各地を転戦。徳川家康の代には今川氏との戦いに活躍し、新城城田峰城の城代を務めた。今川氏滅亡後、武田氏に従属する一門が多い中、徳川氏に留まった。元亀3年(1572年三方ヶ原の戦いに従軍し、その功績で長谷部国重の脇差と三河国内に所領を与えられた。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集