メインメニューを開く

菅 豊(すが ゆたか、1963年 - )は、日本の民俗学者。東京大学東洋文化研究所教授長崎県出身。日本や中国をフィールドにヒトと動物の関係史や、地域の自然と文化資源管理を研究。さらに公共民俗学、「新しい野の学問」などの民俗学の方法論を研究する。

目次

略歴編集

1986年筑波大学第一学群人文学類を卒業、1991年筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科を中退し、国立歴史民俗博物館民俗研究部助手(1991-1996年)、北海道大学文学部助教授(1996-99年)、東京大学東洋文化研究所助教授・准教授(1999-2007年)を経て、2007年より東京大学東洋文化研究所教授。その他、中央民族大学民族学與社会学学院客員教授(中国)、ハーバード・イェンチン研究所Visiting Scholar(米国)、復旦大学芸術人類学與民間文学研究中心特約研究員(中国)、山東大学文化遺産研究院流動崗教授(中国)などを歴任。

受賞歴編集

著作編集

単著編集

  • 『「新しい野の学問」の時代へ ―知識生産と社会実践をつなぐために』岩波書店、2013年
  • 『川は誰のものか ―人と環境の民俗学』吉川弘文館、2006年
  • 『修験がつくる民俗史 ―鮭をめぐる儀礼と信仰』吉川弘文館、2000年

共著編集

  • 『「二〇世紀民俗学」を乗り越える ―私たちは福田アジオとの討論から何を学ぶか?』岩田書院、2012年
  • 『日本の民俗2 ―山と川』吉川弘文館、2008年

単編著編集

  • 『人と動物の日本史3 ―動物と現代社会』吉川弘文館、2009年

共編著編集

  • 『民俗学の可能性を拓く ―「野の学問」とアカデミズム』青弓社、2012年
  • 『ローカル・コモンズの可能性 ―自治と環境の新たな関係』ミネルヴァ書房、2010年

関連項目編集

外部リンク編集