菊地身智雄

日本の国土交通技官

菊地 身智雄(きくち みちお、1961年1月30日 - )は、日本国土交通技官。専門は港湾政策。国土交通省港湾局長を経て、運輸省出身者としては初となる事務次官級の技監を務めた。慶應義塾大学大学院特任教授、京都大学大学院客員教授等も歴任した。

人物・経歴編集

宮城県名取市出身。宮城県仙台向山高等学校を経て[1][2]、1983年東北大学工学部土木工学科卒業[3]。1985年東北大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程修了、運輸省(現国土交通省)入省、運輸省港湾局建設課配属。1996年運輸省港湾局海岸・防災課災害対策室補佐官。1997年運輸省港湾局開発課補佐官。2001年国土交通省港湾局環境・技術課環境整備計画室課長補佐(総括)。2002年国土交通省東北地方整備局酒田港工事事務所長。2004年国土交通省関東地方整備局港湾空港部港湾空港企画官。2006年国土交通省港湾局計画課事業企画官。2009年国土交通省港湾局振興課海洋利用開発室長兼民間連携推進室長。2010年国土交通省港湾局総務課危機管理室長。2011年国土交通省近畿地方整備局港湾空港部長。2013年国土交通省港湾局計画課長。2014年国土交通省大臣官房技術参事官[4][2]。2015年7月31日国土交通省港湾局長[2][5]。2018年7月31日に旧運輸省出身者としては初となる技監に昇格[6][7][8][9]。2019年7月9日退官[10]、国土交通省顧問[11]。2020年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授[12]三井住友海上火災保険顧問、日本風力開発顧問、千葉工業大学審議役、イーレックス顧問[13]。この間京都大学経営管理大学院客員教授も務めた。専門は港湾政策[14]

脚注編集

  1. ^ 毎日フォーラム・霞が関ふるさと記:宮城県 - 毎日新聞
  2. ^ a b c 「国交次官に森氏昇格」日本経済新聞2018/7/24 20:00
  3. ^ 先輩が後輩にかたる特別講演会青葉工業会
  4. ^ [1]横浜国立大学
  5. ^ "国交省人事異動(第76号)平成27年7月31日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  6. ^ 「国交次官に森氏=技監に菊地港湾局長」時事通信
  7. ^ [2]
  8. ^ 「国交次官に森昌文技監、技監は菊地港湾局長 政府」建設ネット
  9. ^ "国交省人事異動(第78号)平成30年7月31日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  10. ^ "国交省人事異動(第65号)令和元年7月9日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  11. ^ やまがた女みなとフォーラム連携企画 東北公益文科大学 トップセミナー特別公開講座で 国土交通省 菊地身智雄顧問が講演しました国土交通省 東北地方整備局 酒田港湾事務所
  12. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(令和2年4月1日~同年6月30日分)内閣人事局
  13. ^ 国家公務員法第106条の25第2項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の公表について令和2年 10 月9日 内閣官房
  14. ^ 「客員教授 : 菊地 身智雄」京都大学
先代:
大脇崇
国土交通省港湾局長
2015年 - 2018年
次代:
下司弘之
先代:
森昌文
技監
2018年 - 2019年
次代:
山田邦博