菊池一雄

1908-1985, 彫刻家。

菊池 一雄(きくち かずお、1908年明治41年)5月3日 - 1985年昭和60年)4月30日)は、日本彫刻家である。

経歴・人物編集

菊池契月の長男として、京都市に生まれる。1926年大正15年)に上京し、第一高等学校藤川勇造から彫刻を学んだ。卒業後、1929年(昭和4年)に創設されたばかりの二科会の彫刻科に早川巍一郎らと共に所属し、塑像を制作する。後の1932年(昭和7年)に東京帝国大学(現在の東京大学)文学部に入学し、在学中に自身の作品が初めて入選された。

卒業後、留学のためフランスに渡り、シャルル・デスピオ英語版に師事する。1939年(昭和14年)に帰国し、2年後の1941年(昭和16年)に新制作派協会員の一員となった。同年、第5回同協会が主催する作品展に出品された。この作品は緻密で奇抜なもので後に日本だけでなく海外でも注目を浴び、一躍有名となった。その後も毎日芸術賞等多くの賞を受賞された。1952年(昭和27年)から1976年(昭和51年)の退職までは東京芸術大学京都市立芸術大学で教鞭を執った。

受賞歴編集

主な作品編集

代表的な作品編集

その他の作品編集

  • 『青年像』‐ この作品で第1回毎日芸術賞受賞。
  • 『ギリシアの男』‐ フランス、パリサロンに出品。
  • 『カリスト君』
  • 『トルソ』

このうち下記二つは二科展に出品されている。

著書編集

  • 『ロダン』‐ 毎日出版文化賞受賞。

出典編集

外部リンク編集