菊池 陽子(きくち ようこ、1968年5月 - )は、日本歴史学者。専門はラオス近現代史東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・地域研究系)准教授

経歴編集

東京女子大学大学院文学研究科修士課程修了、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。東京外国語大学外国語学部講師、助教授を経て現職。

共編著編集

  • 『ラオスを知るための60章』鈴木玲子,阿部健一共編著 明石書店 エリア・スタディーズ 2010
翻訳
  • マーチン・スチュアート-フォックス『ラオス史』めこん 2010