華 表(か ひょう、建安9年(204年) - 咸寧元年(275年)は、中国三国時代から西晋にかけての政治家。偉容本貫青州平原郡高唐県涸河郷(現在の山東省聊城市高唐県固河鎮)。華歆の長男。弟に華博・華周・華炳(字は偉明)。弟は華緝。子は華暠・華岑・華嶠・華鑒・華澹・華簡。孫は華軼(華澹の子)。『晋書』に伝がある。

華表
西晋
光禄大夫
出生 建安9年(204年
青州平原郡高唐県涸河郷
死去 咸寧元年(275年
拼音 Huà Biào
偉容
諡号 康侯
主君 曹丕曹叡曹芳曹髦曹奐司馬炎
テンプレートを表示

生涯編集

223年、20歳にして魏の散騎黄門郎に任命され、後に侍中となった。子の華嶠『譜叙』によると、堅実な仕事ぶりを司空(陳羣)に評価されたという。

正元元年(254年)、曹髦が即位すると、任地の徐州から来朝した石苞は、曹髦を武帝(曹操)の生まれ変わりと賞賛した。華表は政変に巻き込まれることを恐れ、病と称して辞職した。果たして260年、曹髦が司馬昭を討とうとして殺される事件が起きたが、華表は巻き込まれずに済んだ。

後に尚書に任命された。司馬昭が五等爵を復活させると、華表は観陽伯に封じられた。しかし、親族に喪中の礼儀作法に背いた者がいたことを理由に、連座して免官となった。

西晋になると太子少傅に任命され、光禄勲太常を歴任した。数年後、老病を理由に引退を願い出ると、司馬炎は辞職を認め、改めて名誉職の光禄大夫に任命した。司徒の李胤・司隷の王宏らは、華表の引き際の清さを讃えた。275年、死去した。

参考文献編集

  • 房玄齢他『晋書』「華表伝」
  • 陳寿『三国志』「華歆伝」注 華嶠『譜叙』

脚注編集