落日の砂丘』(らくじつのさきゅう)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。花組[1]公演。

1963年7月2日から7月31日まで宝塚大劇場東京宝塚劇場未公演)で公演[1]

形式名は「ミュージカル・ドラマ[1]」。2場[1]

併演作品は『虹のオルゴール工場[1]』。

物語編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照した。

神代の時代。出雲国の兄弟、武日照命天若日子命(演:甲にしき)は、国を守る考え方に深い溝があった。対立する大和国を抑えるために、弟に「玉依媛(演:夏亜矢子)を囮にして大和国へ行け」という策略を命じる兄であったが、玉依媛は天若日子命の恋人であった。逃亡を企てる二人の前に無慈悲な兄が立ちふさがる。

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 100年史(舞台) 2014, p. 125.
  2. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 186.
  3. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 187.

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0