この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
葛城烏那羅
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 烏奈良、小楢
主君 聖徳太子
氏族 葛城
テンプレートを表示

葛城 烏那羅(かつらぎ/かずらき の おなら)は、古墳時代飛鳥時代豪族。名は烏奈良小楢とも表記する。厩戸皇子(聖徳太子)の側近。

経歴編集

5世紀頃に勢力を有した葛城氏の末裔。系譜ははっきりしないが、葛城葦田宿禰の子である蟻(顕宗天皇の外祖父)の後裔とする系図がある[1]

蘇我馬子物部守屋を討った際、泊瀬部皇子(後の崇峻天皇)・厩戸皇子らと共に参陣した。崇峻天皇4年(590年)11月新羅討伐大将軍の一人として諸氏の臣・連を率いて裨将部隊2万余を領し、筑紫に在陣した(ただし実際に渡海はしていない)。

厩戸皇子が伊予国の温泉(いよのゆ、現在の道後温泉か)に行啓した折には、同じく側近の僧・恵慈と共に同行した。

脚注編集

  1. ^ 中田憲信『皇胤志』(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)