メインメニューを開く

葛城神社(かつらぎじんじゃ)は、徳島県鳴門市北灘町粟田に鎮座する神社である。新四国曼荼羅霊場6番札所。

葛城神社
Katuraɡizinzya0ɨ.jpg
所在地 徳島県鳴門市北灘町粟田字池谷2
位置 北緯34度13分7秒
東経134度32分2.9秒
座標: 北緯34度13分7秒 東経134度32分2.9秒
主祭神 一言主神
創建 天喜年間(1053年-1058年
札所等 新四国曼荼羅霊場6番
例祭 11月5日
地図
葛城神社の位置(徳島県内)
葛城神社
葛城神社
テンプレートを表示

目次

歴史編集

天円山南北麓に鎮座。天喜年間(1053年-1058年)に創建。

天智天皇阿波国から大和国へ向かう際、当地で落馬し目を負傷、粟田の地で療養したと伝わる。祭神の一言主神は目の神様として知られ、境内には「御神水」と呼ばれる目の治療にご利益がある井戸がある。

祭神編集

祭事編集

  • 11月5日 - 葛城神社秋祭り。高足駄のテングを先頭に練り歩き、毛槍・大毛槍の投げ渡しが行われる。やっこ行列の「ねり」は鳴門市無形文化財に指定されている。

境内編集

  • 大国社、快神社、定水明神、膳夫神社 - 境内社
  • 御神水 - 古くは「柳の井戸」と呼ばれ、祭神である一言主神が眼病の際に、この霊水で治療したと伝わる。
  • 庖丁塚・めがね塚 - 使わなくなった包丁眼鏡を供養。

前後の札所編集

新四国曼荼羅霊場
5 長寿寺 --- 6 葛城神社 --- 7 白鳥神社

交通編集

参考文献編集

外部リンク編集