葛西 晴清(かさい はるきよ)は、戦国時代大名

 
葛西晴清
時代 戦国時代
生誕 永正14年(1517年
死没 天文16年(1547年
別名 牛猿丸(幼名)
氏族 伊達氏葛西氏
父母 父:伊達稙宗、母:不明、養父:葛西稙清
兄弟 伊達晴宗大崎義宣実元、玄蕃丸、宗澄、桑折宗貞、葛西晴清梁川宗清村田宗殖、極楽院宗栄、亘理綱宗亘理元宗大有康甫、七郎、屋形御前相馬顕胤室)、女(蘆名盛氏室)、女(二階堂照行室)、女(田村隆顕室)、女(懸田俊宗室)、越河御前相馬義胤室)
テンプレートを表示

生涯編集

永正14年(1517年)、陸奥国の戦国大名・伊達稙宗の子として誕生。

陸奥葛西氏に入嗣し、養父の葛西稙清が急死すると、家中では反伊達氏の機運が高まる中、実家の威勢をもって家督を継いだと思われる。

程なく伊達氏では稙宗・晴宗父子が争う天文の乱が発生し、父の稙宗側へ与、晴宗側へ与した叔父・葛西晴胤と領内抗争を繰り返した。

天文16年(1547年)、死去。