メインメニューを開く

葛西 貞清(かさい さだきよ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代前期の武将。葛西氏の当主。葛西 清貞(かさい きよさだ)とも呼ばれる。

 
葛西貞清
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 不詳
死没 観応元年/正平5年3月16日(1351年4月23日[1]
別名 清貞、清定、円蓮(法名)
官位 武蔵守
幕府 鎌倉幕府
氏族 葛西氏
父母 父:葛西宗清[2](あるいは清信)、母:不詳
高清
テンプレートを表示

生涯編集

当主・葛西宗清(清宗)の子として生まれた[2]執権北条貞時から「貞」の偏諱を受けた[3]

建武2年(1335年)、北畠顕家が足利尊氏の追討のために奥州から出陣すると、父・宗清とともにその追討軍に加わった[2]

延元2/建武4年(1337年)、顕家に従って伊達郡霊山城へと移り、同年末からの西遠軍にも再び従軍した[2]

延元3/建武5年(1338年)、顕家が死亡すると奥州に戻り、北畠親房北畠顕信らに協力し、北朝側の斯波氏石塔氏らと戦った[2]

観応元年/正平5年(1351年)3月16日、死去したとされる[1]

脚注編集

  1. ^ a b 「葛西清貞」『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』
  2. ^ a b c d e 「葛西清貞」『朝日日本歴史人物事典』
  3. ^ 今野慶信 「鎌倉御家人葛西氏について」(所収:入間田、1998年)

関連項目編集