葛野王 (平安時代)

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

葛野王(かどのおう、宝亀10年(779年) - 大同3年8月3日808年8月27日))は、平安時代初期の皇族三品薭田親王の四男。官位従四位下主馬頭

経歴編集

桓武朝後期に二世王としての蔭位を受けて従四位下に直叙されるとともに、侍従に任ぜられる。延暦23年(804年主馬頭を兼ね、桓武朝末の延暦25年(806年)には侍従を解かれて主馬頭に常陸守を兼帯した。

平城朝大同3年(808年)8月3日卒去享年30。最終官位散位従四位下。

官歴編集

日本後紀』による。

参考文献編集