薭田親王

日本の奈良時代の皇族

薭田親王(ひえだしんのう)は、光仁天皇の第三皇子。位階三品

経歴編集

宝亀元年(770年)父・白壁王の即位光仁天皇)に伴い三世王から一世王となり親王宣下される。宝亀4年(773年)には皇太子であった兄弟の他戸親王が廃され、藤原式家藤原百川らの推挙により光仁天皇の第一皇子・山部親王(のち桓武天皇)が新たな皇太子として冊立されたが、藤原京家藤原浜成は母親(尾張女王)が皇族出身であるとして薭田親王を推挙していたという[1]宝亀6年(775年四品に叙せられる。

天応元年(781年)4月に兄・桓武天皇即位に伴い三品に昇叙されるが、同年12月17日薨去享年31。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 水鏡
  2. ^ 『日本三代実録』貞観5年7月16日条
  3. ^ 『日本後紀』大同3年8月3日条