メインメニューを開く

蒲生田岬

徳島県阿南市に位置する岬

蒲生田岬(かもだみさき[1]、がもうだみさき[2]、かもうだみさき[2])は、瀬戸内海紀伊水道に突き出た形の四国最東端のである。徳島県阿南市椿町に位置し、室戸阿南海岸国定公園に属する[2]

なお、領海及び接続水域に関する法律等では蒲生田岬灯台和歌山県紀伊日ノ御埼灯台を結んだラインまでが瀬戸内海と定義されている[3]

当岬付近はアカウミガメ産卵することで有名である。岬の周囲には島嶼が多く集まる。

目次

付近編集

岬の近くには、阿南市が設置した船瀬温泉がある。

岬の北西約2 kmに舞子島が、東方6 kmには伊島(徳島県阿南市伊島町)がある。

岬の手前には、渡り鳥が来る池があり10台ほど停められる駐車場と公衆トイレ、周囲4 kmを散策出来る遊歩道も整備されている。

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 蒲生田(かもだ)岬”. 阿南市. 2018年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c 蒲生田岬”. コトバンク. 2018年8月6日閲覧。
  3. ^ 海の相談室:瀬戸内海の範囲”. 第五管区海上保安本部 海洋情報部. 2018年8月6日閲覧。

外部リンク編集