メインメニューを開く

蔚山駅(ウルサンえき)は大韓民国蔚山広域市蔚州郡三南面新華里にある韓国鉄道公社(KORAIL)京釜高速線である。副駅名は通度寺[1]

蔚山駅
駅舎
駅舎
울산
ウルサン
Ulsan
(通度寺)
新慶州 (30.0km)
(51.7km) 釜山
所在地 大韓民国の旗蔚山広域市蔚州郡三南面 蔚山駅路 177
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 配置簡易駅
所属路線 京釜高速線
キロ程 348.0km(始興連結線分岐(京釜線)起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面5線
乗車人員
-統計年度-
4,552人/日(降車客含まず)
-2010年-
乗降人員
-統計年度-
9,267人/日
-2010年-
開業年月日 2010年11月1日
蔚山駅
各種表記
ハングル 울산역
漢字 蔚山驛
片仮名
(現地語読み仮名)
ウルサンニョク
英語 Ulsan Station
テンプレートを表示

南区三山洞にある既存の旧蔚山駅(現太和江駅)とは別の場所であり、同駅から西へ20kmの位置にある。

目次

駅構造編集

地下1階-地上3階建ての高架駅。地下1階は機械室で、1階はコンコースと駅務室、2階は会議室や信号・電気関連の部屋があり、3階にプラットホームがある。

ホームは島式1面2線(ソウル方面ホーム)、単式1面1線(釜山方面ホーム)、通過線2線の合計2面5線を有する。ソウル方面のホーム外側の線路はガラスの壁で覆われているため使用されておらず、のりばの番号も付与されていない。

のりば編集

1 京釜高速線 KTX 釜山行き
2 京釜高速線 KTX 東大邱大田ソウル幸信方面

利用状況編集

蔚山広域市の郊外である蔚州郡に位置しているのにも関わらず利用客が多い[2]。その理由は蔚山市内の公共交通機関や道路交通の連携が良く、また蔚州郡内でも三南面と彦陽邑からの利用客も少なくないからである。営業開始以来、蔚山広域市はKTX蔚山駅が国の交通拠点までに成長したという評価を下した[3]。京釜高速線の駅の中で、ソウル駅釜山駅東大邱駅大田駅光明駅に次いで6番目に利用客が多い。

年度 利用人員
KTX
2010年[4] 下り 乗車 17,368
降車 269,821
上り 乗車 260,332
降車 17,757
2011年[5] 下り 乗車 137,386
降車 1,861,239
上り 乗車 1,825,190
降車 141,784
2012年[6] 下り 乗車 163,548
降車 2,098,221
上り 乗車 2,062,896
降車 171,559

駅周辺編集

  • 太和江
  • 彦陽自動車学校
  • クムガン高麗化学

バス路線編集

蔚山広域市は、列車利用客の便宜のために蔚山中心部から蔚山駅を結ぶリムジンバスを運営している。リムジンバスは全部で4つのルートがある。この路線の番号は5001番〜5004番であり、料金は現金3,200ウォン・交通カード利用で3,000ウォンである。この他にも一般バスが蔚山市街地や副駅名ともなっている通度寺、梁山市街地などへ運行している。

歴史編集

副駅名について編集

蔚山駅の副駅名が隣接する梁山市の寺刹「通度寺」に指定され、蔚山地域のキリスト教系団体が反発したが[7]、韓国鉄道公社の駅名審議委員会は、審議委員9人のうち7人の賛成を得て、蔚山駅の副駅名を通度寺に決定した[8]

隣の駅編集

韓国鉄道公社
京釜高速線
KTX
新慶州駅 - 蔚山駅 - 釜山駅

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集