蕭 子岳(しょう しがく、485年 - 498年)は、南朝斉皇族。臨賀王。武帝蕭賾の十六男。は雲嶠。

経歴編集

蕭賾と江淑儀のあいだの子として生まれた。489年永明7年)3月、臨賀王に封じられた。明帝が武帝の諸子を殺害し、子岳と弟の6人のみが在世しており、当時に七王と呼ばれていた。子岳は月に2回入朝していたが、あるとき明帝が後宮に帰ると、「わたしと司徒の子どもたちはみな幼いのに、高帝と武帝の子孫は日に日に成長していく」と嘆息した。498年永泰元年)1月、明帝の病が重くなり、恢復の望みを失うと、子岳は明帝の命により弟たちとともに殺害された。享年は14。

伝記資料編集