蕭 子琳(しょう しりん、485年 - 498年)は、南朝斉皇族。南康王。武帝蕭賾の十九男。は雲璋。

経歴編集

蕭賾と荀昭華のあいだの子として生まれた。武帝が荀氏をたいへん寵愛したため、子琳も偏愛された。489年永明7年)3月、宣城王に封じられた。490年(永明8年)12月、南康王に改封された。491年(永明9年)、武帝が子琳のために青陽巷に新居を建設させた。498年永泰元年)1月、子琳は明帝の命により殺害された。享年は14。

伝記資料編集