メインメニューを開く

蕭幹(しょう かん、? - 986年)は、(契丹)の政治家軍人。小字は項烈。は婆典。

経歴編集

北府宰相蕭敵魯の子として生まれた。天禄5年(951年)、耶律察割世宗を殺害すると、察割の仲間の耶律胡古只は蕭幹と仲が良かったため、使者を送って蕭幹を召し出そうとした。蕭幹は逆臣に従うことはできないとして、使者を捕縛して寿安王耶律璟のもとに送った。察割の乱が平定されると、耶律璟(穆宗)は蕭幹の忠義を賞賛して、群牧都林牙に任じた。応暦15年(965年)、烏古上京の北の楡林峪の住民をさらったため、蕭幹が烏古を征討した。功績により北府宰相に転じ、突呂不部節度使となった。

乾亨元年(979年)、北宋北漢を滅ぼし、勝利に乗じて燕雲十六州の奪回を企てると、蕭幹は宋軍の北進をはばむべく高梁河の戦いに参加した。耶律沙は後退したが、蕭幹は耶律休哥らとともに奮戦して宋軍を撃破した。これ以来、征戦のたびごとに軍事の決定に参与するようになった。政事令の位を加えられた。乾亨2年(980年)、宋軍が瓦橋を包囲し、契丹軍を夜襲すると、蕭幹は耶律匀骨とともにこれを迎え撃った。

ときに睿智蕭皇后は蕭幹のことを父と呼んだ。これは皇后の実父の蕭思温と同輩の人物として尊んだものである。統和元年(983年)、睿智皇后が皇太后となって称制すると、蕭幹はしばしば皇太后に上奏して多くは聞き入れられた。統和4年(986年)、死去した。

甥に蕭討古があった。

伝記資料編集