メインメニューを開く

蕭忽古(しょう くつこ、? - 1077年)は、(契丹)の軍人は阿斯憐。

経歴編集

蕭敵烈の族子にあたる。性格は実直であり、脚は敏捷で膂力があった。成人すると禁軍に入った。咸雍初年、招討使耶律趙三の下で遼朝に反抗した番部を攻撃した。番部が降伏を打診すると、やってきた使者は飛び上がって駝峰に上ってみせた。趙三は側近たちにこれができる者がいないか訊ねると、忽古は重い鎧を着たまま、ひとっ飛びで上ってみせたので、使者も大いに驚いた。趙三は娘を忽古にとつがせた。道宗がこのことを聞くと、召し出して護衛とした。

ときに北院枢密使の耶律乙辛が朝廷で専権を振るっていた。忽古は橋の下で待ち伏せして、乙辛の隙をうかがって殺そうとした。暴風雨のために橋が壊され、殺害は果たせなかった。後にまた狩猟の場で殺そうとしたが、親友のためにはばまれた。太康3年(1077年)、再び乙辛や蕭得里特らを殺そうと図ったが、乙辛に察知されて捕らえられ、辺境に流された。皇太子耶律濬が廃位されて上京臨潢府に身柄を移されると、忽古も召し出され、殺された。

乾統初年、龍虎衛上将軍の位を追贈された。

伝記資料編集