メインメニューを開く
藤井啓一

藤井 啓一(ふじい けいいち、慶応3年12月13日[1]1868年1月7日) - 昭和28年(1953年6月18日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会立憲民政党)、弁護士

経歴編集

山口県厚狭郡厚東村(現在の宇部市)出身[3]1890年明治23年)、東京法学院(現在の中央大学)を卒業[1]法学博士江木衷のもとで学び、弁護士試験に合格[1]。その後、下関市に事務所を開いた。山口県弁護士会会長、山口県会議員、下関商業会議所特別議員などに選ばれた[1][3]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第16回第18回でも当選を果たした。

その他、朝鮮勧農株式会社取締役、長州鉄道株式会社取締役なども務めた[1][3]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録』
  2. ^ 『昭和物故人名録』
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』

参考文献編集

  • 『衆議院要覧(乙)昭和七年五月』衆議院事務局、1932年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版(下)』人事興信所、1934年。
  • 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年。