メインメニューを開く

藤井 五一郎(ふじい ごいちろう、1892年11月1日 - 1969年)は、日本裁判官弁護士。初代公安調査庁長官。

人物編集

1892年11月1日、山口県に衆議院議員藤井啓一の長男として生まれる。豊浦中学校第三高等学校を経て、東京帝国大学法学部卒業。 東京地方裁判所判事となり、裁判長として河上肇治安維持法違反事件では実刑を、血盟団事件では温情判決を、帝人事件では全員無罪を言い渡した。その後大審院判事。戦後は弁護士を経て、1952年、公安調査庁の初代長官となる(~1962年)。1969年10月29日死去、76歳。

参考文献編集

  • 藤井五一郎の生涯(藤井五一郎追想録刊行世話人編、1971)