メインメニューを開く
 
藤原元輔
時代 平安時代中期
生誕 延喜16年(916年[1]
死没 天延3年10月17日975年11月23日
官位 正四位下参議
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 藤原北家時平流
父母 父:藤原顕忠、母:藤原朝見の娘
兄弟 元輔、正輔、重輔、中輔、信輔、藤原師輔室、行明親王妃
橘懐樹の娘
信義、為義
テンプレートを表示

藤原 元輔(ふじわら の もとすけ)は、平安時代中期の公卿藤原北家右大臣藤原顕忠の長男。官位正四位下参議

経歴編集

左兵衛少尉右衛門少尉左近衛将監といった武官や六位蔵人を経て、天慶8年(945年従五位下侍従に叙任される。のち、天暦6年(952年)従五位上、天暦10年(956年正五位下と昇進する傍ら、近衛少将や五位蔵人を務め、天徳2年(958年)には従四位下・右近衛中将に叙任される等、村上朝の中期以降は父・顕忠の昇進に伴って、元輔自身も順調に昇進した。

応和3年(963年)従四位上、康保4年(967年)左近衛中将を経て、安和元年(968年冷泉天皇蔵人頭に任ぜられる。しかし、安和2年(969年円融天皇の即位に伴って蔵人頭に任ぜられた源保光藤原為光が、翌安和3年(970年)に蔵人頭在任1年程で参議に任ぜられる一方で、元輔は蔵人頭を5年務めて天禄3年(972年)になってようやく参議に任ぜられ公卿に列している。元輔は時平の男系の孫では唯一公卿に列せられたが、外戚政策に成功した師輔と比べると37年も遅れ、円融天皇摂政となっていた伊尹(太政大臣)を筆頭に兼家(権大納言)・兼通(権中納言)・為光(参議、元輔より2年早く任官)、他にも実頼の子である頼忠(右大臣)・斉敏(参議)と既に忠平の孫世代では6人も公卿に列せられており、時平の系統はますます振るわなくなっていた。

天延2年(974年正四位下に叙せられるが、翌天延3年(975年)10月17日卒去。享年60。最終官位は参議治部卿正四位下兼美濃権守。この後、時平の男系子孫で公卿に昇った者はなく、元輔が時平流で最後の公卿となった。

系譜編集

  • 父:藤原顕忠
  • 母:藤原朝見の娘
  • 妻:橘懐樹の娘
    • 男子:藤原信義
    • 男子:藤原為義

近世大名生駒氏は元輔の子孫を称した。

脚注編集

  1. ^ 『公卿補任』による。『系図纂要』では延喜17年生まれとする。

出典編集

  • 黒板勝美編『尊卑分脈 第一篇』吉川弘文館、1987年
  • 黒板勝美編『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年