藤原顕忠

平安時代前期から中期の公卿。藤原時平の次男。従二位・右大臣、贈正二位。子に藤原正輔、藤原重輔、藤原中輔、藤原信輔
 
藤原 顕忠
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 昌泰元年(898年
死没 康保2年4月24日965年6月1日
別名 富小路右大臣
官位 従二位右大臣正二位
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原時平、母:源湛の娘
兄弟 保忠顕忠敦忠仁善子褒子藤原実頼室、敦実親王妃、克明親王
藤原朝見の娘
元輔、正輔、重輔、中輔、信輔、藤原師輔室、行明親王妃
テンプレートを表示

藤原 顕忠(ふじわら の あきただ)は、平安時代前期から中期にかけての公卿藤原北家左大臣藤原時平の次男。官位従二位右大臣正二位

経歴編集

醍醐朝中盤の延喜13年(913年従五位下叙爵し、延喜15年(915年周防権守に任官する。延喜17年(918年)従五位上、延喜19年(919年右衛門佐に叙任されるが、その後の昇進は遅滞し、延長6年(928年)10年振りに昇叙されて正五位下となった。

朱雀朝に入ると、延長8年(930年従四位下右中弁と文官に転じて、承平3年(933年)左中弁、承平6年(936年)従四位上と昇進する。同年に兄・保忠が没すると藤原時平の嫡男格となり、翌承平7年(937年参議に任ぜられ公卿に列す。しかし、参議任官時の年齢は40歳と、他の兄弟と比べてもここまでの昇進は遅かった(兄・保忠は23歳、弟・敦忠は34歳)。議政官の傍らで、内蔵頭刑部卿左兵衛督を兼帯する。

天慶4年(941年)上﨟の参議5人(藤原元方源高明源清平藤原忠文伴保平)を超えて従三位中納言に昇任する。朱雀朝末にかけて左衛門督検非違使別当などの武官を務める一方で、中宮大夫として皇太后藤原穏子に仕えた。

兄弟の中で唯一長命を保ち、村上朝に入っても天暦2年(948年大納言、天暦4年(950年正三位、天暦9年(955年右近衛大将、天暦11年(957年)左近衛大将と昇進を続け、天徳4年(960年従二位右大臣に至る。

康保2年(965年)4月24日薨御。享年68。最終官位は右大臣従二位。没後、正二位贈位を受けた。

人物編集

謙虚で控え目な人柄であったといい、饗応に使う家の広さ、外出時における先払いの下人の数、また使用する食器の質等、万事において大臣としては異例な程質素に振る舞った。顕忠が時平の一族の中で唯一人、菅原道真の祟りを受ける事もなく長命し得たのは、こうした慎ましさの賜物であると噂されたという[1]

古事談に夜毎庭に出て天神を拝した話や、顕忠の家の大饗の際にあまりに家が見苦しいために尊者であった実頼も「風情のない所に来てしまった」と思ったが、引出物が自分の好みの馬であったため結果喜んだ、という話がある。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

江戸時代出羽国矢島藩主となった生駒氏は、藤原元輔の後裔を称した[3]

脚注編集

  1. ^ 大鏡』第二巻時平伝
  2. ^ 公卿補任』による。『尊卑分脈』では源昇の女とする。
  3. ^ 元輔の子信義が生駒庄司となり、生駒氏を称したという。(太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年)

参考文献編集

官職
先代:
藤原師輔
右大臣
960 - 965
次代:
源高明
先代:
藤原在衡
陸奥出羽按察使
953 - 957
次代:
源高明
先代:
藤原実頼
左近衛大将
957 - 965
次代:
源高明
先代:
藤原師輔
右近衛大将
955 - 957
次代:
藤原師尹