藤原 守義(ふじわら の もりよし)は、平安時代前期から中期にかけての公卿藤原北家魚名流、中納言藤原山蔭の孫で、但馬守藤原公利の三男。官位従四位上参議

経歴編集

醍醐朝延長2年(924年文章生に補せられる。越前権大掾六位蔵人式部丞を経て、承平6年(936年従五位下和泉守に叙任される。

朱雀村上冷泉円融の四朝35年以上の長きに亘って、和泉守のほか、天慶4年(941年伊予守天暦2年(948年越前守、天暦10年(956年丹波守、応和4年(964年)伊予守、安和3年(970年播磨守と六ヶ国の受領を歴任。この間に治国の功労として、天慶4年(941年)従五位上、天暦2年(948年)正五位下、天暦5年(951年従四位下応和3年(963年)従四位上と昇進を重ねる。

天禄3年(972年参議に任ぜられる。父・公利は地方官を歴任して従四位下に終わっていたことから、守義の公卿昇進の目は薄かったが、赫々たる地方官と認識されて治国の功労により昇叙を重ね、六国の国守を務め上げて、77歳にして遂に公卿に列した。

天禄4年(973年宮内卿に任ぜられるが、翌天延2年(974年)正月29日に出家し、2月4日に卒去享年79。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

参考文献編集