藤原懐忠 (藤原北家)

平安時代中期の貴族。従四位上・内蔵権頭

藤原 懐忠(ふじわら の ちかただ)は、平安時代中期の貴族右大臣藤原恒佐の子。官位は従四位上内蔵権頭

 
藤原懐忠
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従四位上内蔵権頭
氏族 藤原北家冬嗣流
父母 父:藤原恒佐、母:藤原清貫の娘
兄弟 有相、有時、有章、真忠、陳忠、則忠、懐忠、国忠、常明親王
源清遠の娘
邦昌
テンプレートを表示

系譜 編集

左大臣藤原良世の孫。懐忠の子孫は下級貴族として13世紀頃まで確認できる。

出典 編集