藤原是雄

平安時代初期の貴族。従四位上、春宮亮
 
藤原是雄
時代 平安時代初期
生誕 不詳
死没 天長8年4月5日831年5月19日
官位 従五位上春宮亮
主君 嵯峨天皇淳和天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原真夏、母:不詳
兄弟 越雄、濱雄関雄、平雄、竹雄、吉備雄、是雄、多雄、恒雄、松雄、栢雄、輔房、藤原高房室、藤原愛発室、藤原近岑室、藤原三成
百済王永哲の娘
利貞、恒貞親王妃、列子
テンプレートを表示

藤原 是雄(ふじわら の これお)は、平安時代初期の貴族藤原北家参議藤原真夏の子。官位従五位上春宮亮

経歴編集

嵯峨朝弘仁9年(818年従六位上から三階昇進して従五位下叙爵する。その後、春宮亮を務め、位階は従五位上に至った。淳和朝天長8年(831年)4月5日卒去

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』元慶5年正月6日条による。『本朝皇胤紹運録』では従四位上とする
  2. ^ a b 『尊卑分脈』
  3. ^ 『本朝皇胤紹運録』

出典編集