藤原 朝頼(ふじわら の あさより)は、平安時代中期の貴族藤原北家勧修寺流右大臣藤原定方の子。官位従四位上勘解由長官

経歴編集

左馬頭弾正大弼少納言右近衛少将左近衛少将左大弁左兵衛督を歴任し、従四位上・勘解由長官に至る。同母の兄弟である朝忠朝成とは違い公卿昇進は叶わなかったが、子孫は勧修寺流として繁栄した。

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『政事要略』巻28
  2. ^ a b 『九暦』

出典編集