メインメニューを開く
 
藤原親通
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位上下総
氏族 藤原北家為光流
父母 父:藤原伊信、母:二条院反物龍女
不詳
親頼親方親盛、承源、円空、忠顕、平頼盛
テンプレートを表示

藤原 親通(ふじわら の ちかみち)は、平安時代後期の公家長門守・藤原伊信の子。源頼朝に敗れた親政は孫、平資盛は曾孫にあたる。

生涯編集

山城守を経て、大治2年(1127年)に下野守、その後下総守に任ぜられる。下総守在任中の保延2年(1136年)には在地領主千葉常重から相馬御厨立花荘を召し上げたという。

系譜編集