メインメニューを開く
 
藤原親盛
時代 平安時代末期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位下下総守
氏族 藤原北家為光
父母 父:藤原親通、母:不詳
兄弟 親頼親方親盛、承源、円空、忠顕、平頼盛
不詳
親政盛光盛保顕盛、円玄、弁然、少輔掌侍
テンプレートを表示

藤原 親盛(ふじわら の ちかもり)は、平安時代末期の貴族藤原北家為光流、下総守藤原親通の子。官位従五位下・下総守。

経歴編集

父・親通が千葉常重から奪取した相馬御厨立花荘を継承し、下総国に一族の勢力を保つ。長男・親政の室に平忠盛の娘を迎える一方、娘を忠盛の孫・重盛の室[1]とする等、平家一門との関係を深めた。こうした関係を通じて一族は下総における親平家勢力の代表的存在となり、治承年間、親政の代に源頼朝麾下となった千葉氏の攻撃を受け滅ぼされている。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 重盛次男の資盛の生母。
  2. ^ 公卿補任