メインメニューを開く

藤原 貞本(ふじわら の さだもと)は、平安時代初期の貴族藤原式家中納言藤原縄主の子。官位正五位下大蔵大輔

 
藤原貞本
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位下大蔵大輔
主君 平城天皇嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇文徳天皇
氏族 藤原式家
父母 父:藤原縄主、母:藤原種継娘・薬子
兄弟 貞本、貞吉、安殿親王妃、貞庭
橘島田麻呂
正世正峯
テンプレートを表示

目次

経歴編集

平城朝大同3年(808年)正月に正六位上から従五位下叙爵後、左兵衛佐に任ぜられ、同年11月には但馬介を兼ねる。嵯峨朝に入り、弘仁元年(810年薬子の変が発生し、母・薬子は自殺、叔父・仲成は射殺され、貞本も連座して飛騨権守に左遷される。

天長10年(833年)大赦が行われ、薬子の変で配流された者が近国へ移されるが、貞本は特別に帰京を許される。承和13年(846年)38年ぶりに昇叙され従五位上となり、翌承和14年(847年大蔵大輔に任ぜられる。嘉祥3年(850年仁明天皇の葬儀に際して装束司を務めた。

文徳朝の仁寿3年(853年正五位下に至る。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

出典編集