藤原 顕盛(ふじわら の あきもり、承徳2年(1100年) - 長承3年1月25日1134年2月20日))は、平安時代後期の貴族藤原北家末茂流、権中納言藤原長実の長男。官位正四位下尾張守

経歴編集

白河院政期後期に兵衛佐越前守を務め、永久2年(1114年従五位上に叙せられる。その後も父の藤原長実とともに白河法皇近臣を務めながら、修理大夫伯耆守尾張守などの国司を歴任した。

大治4年(1129年)白河法皇が没すると、院政を継いだ鳥羽上皇は長実一族の排除に乗り出し、顕盛は修理大夫を解任されてしまう。長承2年(1133年)長実が没すると、後を追うように顕盛も翌長承3年(1134年)正月25日に卒去した。享年35。最終官位は尾張守正四位下

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原長実
  • 母:文賛の娘
  • 妻:藤原敦兼の娘
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原信盛

脚注編集

  1. ^ 『殿暦』
  2. ^ a b 『中右記』
  3. ^ 『妙法院蔵大記』
  4. ^ 『台記別記』久安4年8月14日条
  5. ^ 『二中歴』
  6. ^ 『長秋記』
  7. ^ 『平安遺文』2145
  8. ^ 『中右記』長承3年正月26日条

参考文献編集