藤原高直

藤原 高直(ふじわら の たかなお、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族。名は亮直とも記される。藤原北家大納言藤原愛発の子。官位従五位下摂津守

目次

経歴編集

承和8年(841年従五位下叙爵。承和9年(842年)に発生した承和の変では、春宮を廃された恒貞親王春宮大進として仕えていたことから、高直も連座して駿河権介左遷される。なお、この政変では父の大納言藤原愛発も解官の上で京外追放となっている。

承和14年(847年)2月に承和の変で配流された藤原貞守らとともに罪を赦されて入京を命ぜられ、同年10月には山城国班田使次官として官界に復帰した。翌承和15年(848年)駿河守に任ぜられ、その後時期は不明ながら摂津守も務めるなど、地方官を歴任している。

官歴編集

注記のないものは『続日本後紀』による。

脚注編集

  1. ^ 『尊卑分脈』

参考文献編集