藤本 哲也(ふじもと てつや[1]1940年12月18日 - )は、愛媛県出身の法学者弁護士中央大学名誉教授。元常磐大学大学院教授。専門は犯罪学刑事政策・被害者学。学位はPh.D.カリフォルニア大学バークレー校1975年)。

人物編集

現在、日本刑事政策研究会理事、法務省性犯罪者処遇プログラム研究会構成員、法務省矯正研修所講師、財団法人矯正協会評議員、全国少年警察ボランティア協会顧問、日本更生保護協会理事、日本被害者学会理事、特定非営利活動法人全国就労支援事業者機構理事、内閣府少年非行事例等調査研究企画分析会議委員長、社会福祉士試験委員等の各種委員を務めている。また、2000年まで司法試験考査委員を務めた。

中央大学大学院での指導教授は、市川秀雄(その後、八木國之にも師事)。 フロリダ州立大学大学院修士課程では、犯罪心理学を学び、カリフォルニア大学バークレー校大学院博士課程では、トニー・プラット及びポール・タカギに師事し、犯罪社会学を中心に学んだ。 1975年には、カリフォルニア大学バークレー校からPh.D.(犯罪学)の学位を授与され、日本人として初めてアメリカ合衆国の大学で犯罪学のPh.D.を取得した。 一年に一冊の著書を出版することを目標としており、その書数は40冊近くにのぼる。これは犯罪学の研究が遅れている日本が欧米に追いつくためにはそれくらいの努力が必要であろうとの気概から立てた目標である。 論文も学術論文のみで700本以上書いており、単純計算すると2週間に1本書いたことになる上、一度たりとも締切を破ったことがない[2]弟子として、漆畑貴久、宮園久栄、伊藤康一郎、尾田真言(NPO法人APARI事務局長)、千手正治などがいる。ゼミ出身者としては、石塚伸一龍谷大学教授がいる。

2011年3月をもって中央大学法学部定年退職することとなり、2011年1月17日に最終講義「犯罪学と私」が行われた。 退職後は中央大学名誉教授に。2011年より常磐大学大学院被害者学研究科教授および国際被害者学研究所教授を併任。2016年3月に常磐大学退職。

学歴編集

  • 1940年 愛媛県松山市野忽那島生まれ
  • 1963年 中央大学法学部法律学科卒業
  • 1965年 中央大学大学院法学研究科刑事法専攻修士課程修了
  • 1969年 中央大学大学院法学研究科刑事法専攻博士課程単位取得満期退学
  • 1970年 フロリダ州立大学大学院犯罪学専攻修士課程修了(犯罪学修士号)
  • 1975年 カリフォルニア大学バークレー校大学院犯罪学専攻博士課程修了(犯罪学博士号[3]

職歴編集

教育機関編集

現在
  • 中央大学
    • 通信教育部指導教員(1965年4月~1969年8月)
    • 法学部兼任講師(1976年4月~1977年3月)
    • 法学部専任講師(1977年4月~1978年3月)
    • 法学部助教授(1978年4月~1981年3月)
    • 法学部教授(1981年4月~2011年3月)
    • 名誉教授(2011年4月~)
  • 明治大学
    • 法学部非常勤講師(1978年4月~1981年3月)
    • 大学院法学研究科兼任講師(2001年4月~)
    • 法科大学院兼任講師(2004年4月~)
  • 駒澤大学
    • 法学部客員教授(2004年4月~)
    • 大学院兼任講師(2005年4月~)
  • 常磐大学
    • 大学院被害者学研究科教授(2011年4月~2016年3月)
    • 国際被害者学研究所教授(2011年4月~2016年3月)
過去

公的機関その他編集

現在
  • 法務省矯正研修所非常勤講師 (1981年1月~)
  • 国連アジア極東犯罪防止研修所客員講師 (1987年2月~)
  • 法務省矯正研修所東京支所非常勤講師(1989年1月~)
  • 最高裁判所司法研修所非常勤講師(2001年4月~)
  • 青少年有害環境対策推進事業企画分析委員会座長
過去

主張編集

研究テーマ・活動実績
  • 刑務所の歴史
  • 少年を取り巻く有害環境
  • 少年法
  • 少年非行の原因と対策
  • 自由刑の起源
  • 犯罪者処遇と更生保護
  • 在米日本人の犯罪
  • アメリカ犯罪学理論

著書編集

  • 『Crime and Delinquency among the Japanese-Americans』中央大学出版部(1978年)
  • 『犯罪学原論』日本加除出版(2003年)
  • 『刑事政策概論〔全訂第7版〕』青林書院(2015年)

門下生編集

  • 漆畑貴久
  • 宮園久栄
  • 伊藤康一郎
  • 尾田真言
  • 千手正治
  • 石塚伸一

脚注編集

  1. ^ 「哲」が本名、指導教授のポール・タカギの間違いを発端として「哲」を使い続けている。
  2. ^ 中央大学 藤本哲也先生・最終講義「犯罪学と私」2011年1月17日
  3. ^ リサーチマップ略歴”. リサーチマップ. 2020年1月26日閲覧。


先代:
眞田芳憲
中央大学日本比較法研究所所長
1993年 - 1996年
次代:
椎橋隆幸