メインメニューを開く

蘇羽鷹神社(そばたかじんじゃ) は千葉県松戸市に鎮座する神社である。旧社格村社

蘇羽鷹神社
蘇羽鷹神社
所在地 千葉県松戸市二ツ木宮前1732
位置 北緯35度49分05.1秒
東経139度55分36.7秒
主祭神 国之常立神
社格 旧村社
創建 天正4年(1576年
例祭 10月19日
主な神事 神輿渡御
テンプレートを表示

祭神編集

由緒編集

創建以前、この地には千葉孝胤が治めた三ヶ月(みこぜ)の馬橋城が建っていた。その馬橋城の廃城後に千葉氏の加護を受けて創建された。

千葉氏は陰陽道に基づき、居城である亥鼻城[1]鬼門に曽場鷹大明神[2]を配し、祀っていた。そこから分祀してきたものと思われる。

末社編集

  • 庚申堂
  • 姫宮
  • 冨士嶽神社
  • 三峰阿夫利稲荷

境内編集

  • 月山坂東 湯殿山西国百番供養塔
  • 松戸市二三ヶ丘土地区画整理組合記念碑 昭和50年(1975年3月29日竣工

周辺編集

  • 二ツ木向台遺跡
  • プチモール二ツ木
  • 松戸市消防局 二ツ木消防センター17分団
  • マツモトキヨシホームセンター二ツ木店

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉城とも言われる。現在は千葉市立郷土博物館が建っている。
  2. ^ 現在は千葉刑務所付近の第六天神社に合祀された