メインメニューを開く
虫拳 『拳会角力図会』 1809年

拳会角力図会 虫拳(むしけん)は、なめくじ三すくみによる拳遊び平安時代の文献にも出て来くることから、日本の拳遊びで一番古いものだと思われる。

人差し指が蛇、親指が蛙、小指がなめくじを現す。

蛙はナメクジに勝ち、ナメクジは蛇に勝ち、蛇は蛙に勝つ。その他、遊び方はじゃんけんに同じ。

じゃんけんの普及にともなって現在では廃れた。

その後あまり知られなくなったが、1977年頃、日本テレビ系で放送されたゲーム番組『オールスター親子で勝負!』のワンコーナーで、「親子トリプルマッチ」として放送された事があった。

関連項目編集

外部リンク編集