メインメニューを開く

蠣崎 富三郎(かきざき とみさぶろう、1861年4月18日文久元年3月9日[1][2]) - 1924年大正13年)8月30日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

蠣崎 富三郎
Kakizaki Tomisaburo.jpg
生誕 1861年4月18日
福島県
死没 (1924-08-30) 1924年8月30日(63歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1883 - 1918
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

松前藩家老・名古屋裁判所判事、蠣崎多浪の三男として生れる[1]陸軍士官学校幼年生徒、士官生徒を経て、1883年(明治16年)12月25日、陸士(旧6期)を卒業し歩兵少尉任官[3]歩兵第3連隊付となる[1][4]1886年(明治19年)1月、陸軍大学校に入学したが退校し、後に再入校して1891年(明治24年)12月、同校(7期)を優等で卒業した[5][6]参謀本部副官、陸大教官などを歴任し、日清戦争では第1軍参謀として出征した[1]1895年(明治28年)から1898年(明治31年)までフランスに留学し、1899年(明治32年)1月に帰国[1]。その後、陸大教官、陸軍戸山学校教官などを歴任した[1][5]

日露戦争では、第1軍兵站監部参謀長として出征した[1][2][5]1905年(明治38年)3月、奉天会戦直前に陸軍大佐に進級し第10師団参謀長に発令され奉天会戦に参戦した[1][2][5]歩兵第48連隊長を経て、1909年(明治42年)8月、陸軍少将に進級し歩兵第28旅団長となり、歩兵第2旅団長を経て、1912年(大正元年)12月、ロシア大使館武官となり、第一次世界大戦の情報収集に従事[1][2][5]1914年(大正3年)8月、陸軍中将となり第11師団長に就任[1][2][5]1917年(大正6年)8月に待命となり、翌年4月、予備役に編入された[1][2][5]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本陸海軍総合事典』第2版、45頁。
  2. ^ a b c d e f g 『日本陸軍将官辞典』202頁。
  3. ^ 『官報』第151号、明治16年12月27日。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』67、69頁。
  5. ^ a b c d e f g 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』69頁。
  6. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版。45、547頁。
  7. ^ 『官報』第1820号「叙任及辞令」1889年7月24日。
  8. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  9. ^ 『官報』第1194号「叙任及辞令」1916年7月24日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『官報』第7575号、明治41年9月24日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。