メインメニューを開く

行悟

南北朝時代から室町時代にかけての南朝皇族

行悟(ぎょうご、天授3年/永和3年(1377年) - 応永13年2月12日1406年3月2日))は、南北朝時代から室町時代にかけての南朝皇族天台宗僧。長慶天皇の皇子で、母は西園寺公重の女・中宮某である。南朝系図や『華頂要略』が後亀山天皇の皇子とするのは誤り。権僧正円満院門跡。後円満院)と号する。

行悟

続柄 長慶天皇皇子
称号 後円満院宮
出生 天授3年/永和3年(1377年
死去 応永13年2月12日1406年3月2日)(享年30)
父親 長慶天皇
母親 西園寺公重
役職 円満院門跡
園城寺長吏
四天王寺別当
テンプレートを表示

南北朝合一後、明徳3年(1392年)12月に16歳で円満院に入室し、定助僧正を戒師として落飾する。応永5年(1398年)3月権僧正一身阿闍梨に補任され、4月千光眼寺にて房淳権僧正から伝法灌頂を受けた。後に園城寺長吏・四天王寺別当などを務めたとされるが、同13年(1406年2月12日刻に入寂した。享年30。

参考文献編集

関連項目編集

  • 仙源抄 - 長慶天皇による『源氏物語』の注釈書。行悟が補注を加えた箇所(「ひたふる」項)があり、彼を書写者の1人に擬する説も出されている。