衛 覬(えい き、建寧元年(168年) -太和3年(229年))[1]は、中国後漢末期から三国時代の政治家・学者・文化人。伯覦[2]司隷河東郡安邑県(山西省夏県)の人。曽祖父は衛暠[3]。子は衛瓘・衛寔。孫は衛恒。曾孫は衛玠。『三国志書21巻に伝がある。

生涯編集

若くして頭角を現し曹操に登用され、司空掾属・茂陵県令を経て、尚書郎となる。曹操は袁紹と対立すると、荊州劉表が気がかりであったため、益州劉璋に使者を送り牽制させようとし、その使者に衛覬を選んだ。治書侍御史に任命された衛覬は、長安まで来たところで益州への道が途絶していることを知り、そのまま関中に留まった。

関中の荒廃を見て、荀彧に手紙を送り復興を提言し、曹操の了承を得て整備に尽力した。また民力の充実を第一に考えた衛覬は、軍事的安定の確立を優先する鍾繇のやり方が、関中の諸将の疑惑を招く危険を警告した。後に潼関の戦いにおける曹操軍の戦死者が5桁にのぼったことから、曹操は衛覬の策を取らなかったことを深く悔い、いっそう尊重するようになったという。

中央に召還され尚書となった後、建安18年(213年)11月、王粲杜襲和洽と共に、藩国として建国された魏の侍中となる[4]。朝廷の古い慣例に詳しいという才を買われ、王粲と共に魏国体制の基礎を築く作業を行った。

建安25年(220年)、曹操が没し曹丕が王位につくと、尚書を経て漢の侍郎となり[5]、魏への禅譲の道を開く作業に尽力し、功績があった。曹丕(文帝)が帝位につくと再び尚書となり、陽吉亭侯に取り立てられた。

黄初7年(226年)に曹叡(明帝)が帝位についた後、閿郷侯となり、領邑300戸に昇進した。法律の博士を設置し法を末端まで行き届かせることや、曹叡の奢侈を諌める上奏を行った。

太和4年(230年)に没し、敬侯と諡された。子の衛瓘が爵位を継いだ。『魏官儀』など著作を多く残し、西晋の時代には文筆家として著名を馳せた。書体にも精通していたため、後世の書道の世界でも高名を馳せた。

出典編集

  • 『三国志』魏書 巻21 衛覬伝

脚注編集

  1. ^ 『書断』より。
  2. ^ 『華芳墓誌』より。『三国志』では伯儒とする。
  3. ^ 晋書』衛瓘伝より。衛暠は後漢の明帝の時代、儒学により代郡から徴召されたが、安邑県まで来たところで没した。子孫はその地を賜って居住し、衛暠を葬ったという。
  4. ^ 『三国志』魏書武帝紀の注に引く『魏氏春秋』。
  5. ^ 『三国志』魏書文帝紀注の『献帝伝』が引用する、献帝の禅譲の詔勅では、守尚書令侍中としてその名が見える。献帝の使者として、曹丕に受禅を促す役目を負った。