製造原価(せいぞうげんか、manufacturing cost)とは、工場製品の製造に要した費用である。

概要編集

製造原価は、当期に完成した製品に対する原価なので、次式のように算出される。

当期の製造原価期首仕掛品棚卸高当期製造費用期末仕掛品棚卸高

製造費用の内訳は「原価の三大要素」と呼ばれる、以下の3つに区分される。(「形態別分類」)

原価の三要素
分類 説明 内訳
材料費 物品の消費によって生じる原価要素 原料費、買入部品費、燃料費、食品添加物費、消耗工具器具・備品費など
労務費 労働力の消費によって生じる原価要素 従業員に対する賃金給料、雑給、賞与手当退職給付引当金繰入額など
経費 材料費と労務費以外の原価要素 減価償却費、水道光熱費賃貸料外注加工費、ロイヤルティーなど

さらに、各要素は製品との関連により、直接費間接費に区分される。直接費は製品に賦課直課)されるのに対し、間接費は一定の配賦基準に従って、各製品に配賦する必要がある。(原価計算を参考)製造原価が大きくなると、製品を販売するときの利益が少なくなってしまうため、製造原価は製造業にとってはポイントとなる部分である。[1]

原価構成図
総原価 製造原価 製造直接費 直接材料費
直接労務費
直接経費
製造間接費 間接材料費
間接労務費
間接経費
営業費 販売費
一般管理費

参考編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 製造原価と売上原価の違いは?業績アップにつながる分析方法も紹介”. 経理プラス (2021年11月2日). 2022年3月10日閲覧。

関連項目編集