メインメニューを開く

襟裳(えりも)は日本海軍給油艦[4]知床型給油艦の3番艦で[5]、艦名は北海道襟裳岬による[22]

襟裳
1933年から1934年頃、南支沿岸[1]
1933年から1934年頃、南支沿岸[1]
基本情報
建造所 川崎造船所[2]
運用者  大日本帝国海軍
艦種 給油船[2]
運送艦[3](給油艦[4])
級名 知床型[5]
建造費 成立予算 1,500,000円[6]
母港 佐世保(1923年時)[7]
呉(1931年時)[8]
艦歴
計画 大正7年度(1918年)、八六艦隊案[9]
起工 1920年5月3日[10]
進水 1920年10月28日[11]
竣工 1920年12月16日[12]
最期 1942年3月4日
除籍 1947年5月3日
要目(主に1924年)
軽荷排水量 5,238.2トン[4]
基準排水量 公表値 14,050トン[13]
常備排水量 計画 15,400トン[13][14][注釈 1]
満載排水量 15,420トン[4]
総トン数 7,621.38総トン[4]
全長 470 ft 9 in (143.48 m)[4]
垂線間長 455 ft 0 in (138.68 m)[4]
最大幅 58 ft 2+3/4 in (17.75 m)[4]
深さ 計画 35 ft 0 in (10.67 m)[14]
吃水 計画 26 ft 6 in (8.08 m)[14]
軽荷平均 10 ft 1+1/4 in (3.08 m)[15]
満載平均 31 ft 6+1/8 in (9.60 m)[16]
ボイラー 片面煙管戻火式缶 4基(1923年時)[7]
宮原式缶 6基(1931年時)[8]
主機 直立3気筒3段レシプロ1基[17]
推進 1軸[18] x 82rpm[19](計画80rpm[18])
直径5.486m、ピッチ5.943m[18]
出力 5,330馬力[4] または5,360IHP[19]
速力 13.506ノット[4]
経済速力 8ノット[4]
燃料 石炭 庫内1,350トン + 庫外300トン[4]
航続距離 8,620カイリ / 10ノット[4]
乗員 定員 157名[20][注釈 2]
搭載能力 補給用重油 庫内8,748トン + サマータンク1,180トン[4]
石炭 940トン[4]
同缶水200トン、雑用清水25トン、飲料水706トン[4]
兵装 45口径3年式12cm単装砲 2門[17]
40口径三年式8cm単装高角砲 2門[17]
(竣工時に砲は装備していない[21])
搭載艇 内火艇1隻、カッター2隻、通船1隻[4]
その他 2トン・デリック 2本[4]
便乗者用寝台 2床[4]
トンはすべて英トン
計画要目は知床型給油艦も参照
テンプレートを表示

艦歴編集

1918年(大正7年)度の八六艦隊案で計画され、「知床」に続いて川崎造船所1920年(大正9年)12月16日に竣工、呉鎮守府籍となる。平時は海外からの重油輸送に従事、1937年(昭和12年)からの日中戦争には中国各地への輸送任務に当たった。

1941年(昭和16年)11月22日にを出撃し、太平洋戦争開戦の12月8日に馬公に入港した。同地でボイラー用および内火機械用重油8,000トンと真水606トンを搭載し[23]12月11日に出港、21日にカムラン湾に到着した。当時、第十五軍飯田祥二郎中将)をシンゴラに輸送する計画があり[24]、第十五軍の将兵を乗せた輸送船や護衛艦艇に対する燃料補給用のタンカーとして「黒潮丸」(中外海運、10,518トン)が充当されていた[25]。しかし、「黒潮丸」は機関の不調により任務から外され、その代わりに「襟裳」に燃料補給任務が与えられる事となった[25]。「襟裳」は燃料を7,000トン以上搭載して1942年(昭和17年)1月4日にカムラン湾を出撃し、1月5日に船団に合流[26]。補給後、シンゴラに回航された[27]。以後はサイゴンサンジャックアナンバス諸島の間で行動し、第二艦隊近藤信竹中将・海軍兵学校35期)付属として艦艇に重油を給油し、蘭印作戦を支援した。3月1日に連合艦隊付属に編入される。

3月1日にアナンバス諸島を出撃し、ジャワ海に進出して第六駆逐隊に対する燃料補給を行った後、昭南(シンガポール)に回航するよう命じられる[28]。3月3日に駆逐艦長月」と「水無月」に対して燃料補給を行ったのに続き、3月4日にも「松風」に対して燃料補給を行った後[29]昭南に向かったが、南緯04度22分 東経108度23分 / 南緯4.367度 東経108.383度 / -4.367; 108.383の地点[30]でアメリカ潜水艦S-39 (USS S-39, SS-144) の雷撃を受ける[31]。S-39 は目標を「厳島丸」(日本水産、10,006トン)あるいは「建川丸」(川崎汽船、10,090トン)と推定して[32]魚雷を4本発射し、うち3本が命中して爆発するのを確認した[33]。15時5分にビリトン島近海で沈没し、「松風」と軽巡洋艦由良」によって特務艦長相馬信四郎大佐以下162名が救助されたが、18名が戦死した[34]

同年3月14日に第4予備特務艦となり[35]、除籍は終戦後の1947年(昭和22年)5月3日となった。これは船体の一部分が擱座など何らかの形で水面上に露出したまま残存した事を物語っている[36]。ただし、当時の記録では「沈没」と明記されている[30]

特務艦長編集

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。階級は就任時のもの。

艤装員長
  • 有沢四十九郎 大佐:1920年12月1日[37] -
特務艦長
  • 有沢四十九郎 大佐:1920年12月16日[38] - 1921年11月10日[39]
  • 松本匠 大佐:1921年11月10日 - 1922年5月15日
  • 橋本才輔 大佐:1922年5月15日 - 1923年12月1日
  • (心得)吉川真清 中佐:1923年12月1日[40] - 1924年1月10日[41]
  • (兼・心得)鹿野弘 中佐:1924年1月10日[41] - 1924年2月5日[42]
  • (心得)富岡愛次郎 中佐:1924年2月5日 - 1924年7月1日
  • (兼)内藤省一 大佐:1924年7月1日[43] - 1924年9月1日[44]
  • (心得)高原半 中佐:1924年9月1日[44] - 1925年2月2日[45]
  • (兼)辺見辰彦 中佐:1925年2月2日[45] - 1925年11月10日[46]
  • 辺見辰彦 中佐:1925年11月10日[46] - 1926年4月1日[47]
  • 松本忠左 大佐:1926年4月1日 - 1926年12月1日
  • 広瀬彦太 大佐:1926年12月1日[48] - 1927年5月1日[49]
  • 吉岡清 中佐:1927年5月1日[49] - 1928年2月1日[50]
  • 大沢一介 中佐:1929年7月1日[51] - 1930年7月1日[52]
  • 小池四郎 大佐:1930年7月1日[52] - 1930年11月1日[53]
  • 横山徳治郎 中佐:1930年11月1日 - 1931年4月1日
  • 今泉利清 大佐:1931年4月1日[54] - 1931年12月1日[55]
  • 田結穣 大佐:1931年12月1日 - 1932年11月15日
  • 清宮弘 中佐:1932年11月15日 - 1933年11月15日
  • 畠山耕一郎 大佐:1933年11月15日 - 1934年8月25日
  • 小林三良 中佐:1934年8月25日[56] - 1934年11月15日[57]
  • 原田清一 大佐:1934年11月15日 - 1935年2月22日
  • 阿部孝壮 大佐:1935年2月22日 - 1935年8月15日
  • 徳永栄 大佐:1935年8月15日 - 1935年10月10日
  • 入船直三郎 大佐:1935年10月10日 - 1936年3月20日
  • 緒方真記 大佐:1936年3月20日 - 1936年11月2日
  • 中邑元司 中佐:1936年11月2日 - 1937年4月20日
  • 大西新蔵 大佐:1937年4月20日 - 1937年10月20日
  • 渡辺清七 中佐:1937年10月20日 - 1938年5月5日
  • 佐藤勝也 中佐:1938年10月10日 - 1939年5月25日
  • 伊藤安之進 大佐:1939年5月25日[58] - 1939年11月15日
  • 上原義雄 大佐:1939年11月15日 - 1940年10月21日
  • 三浦速雄 中佐:1940年10月21日 - 1940年12月27日
  • 殿村千三郎 大佐:1940年12月27日 - 1941年6月20日
  • 長谷部喜蔵 大佐:1941年6月20日[59] - 1941年8月20日[60]
  • 相馬信四郎 大佐:1941年8月20日 - 1942年3月10日

脚注編集

注釈編集

  1. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第三その三、「昭和六年三月調艦艇要目等一覧表 その三 潜水艦、特務艦、掃海艇」では「能登呂」「知床」「襟裳」の基準排水量の欄に『一五、四二三』(噸)の記載がある。「佐多」を15400トンとしているので常備排水量と思われる。
  2. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第二その三「大正十二年三月調艦艇要目等一覧表 その三 潜水艦、水雷艇、特務艦」によると1923年3月調べで142名(石廊157名)

出典編集

  1. ^ #写真日本の軍艦第13巻pp.11上写真と解説
  2. ^ a b #海軍制度沿革巻八pp.398『大正七年四月十七日(達四七) 軍備補充費ヲ以テ株式會社川崎造船所ニ於テ製造ノ八千噸積給油船三隻ニ左ノ通命名ス 能登呂ノトロ(第一隻目) 知床シレトコ(第二隻目) 襟裳エリモ(第三隻目)』
  3. ^ #海軍制度沿革巻八pp.103『大正九年四月一日(達四〇) 特務艦類別等級別表ノ通定ム (別表省略)』
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s #T14公文備考42/特務艦要目画像5-18、特務艦要目表(大正13年11月調)海軍省軍務局
  5. ^ a b #海軍制度沿革巻八pp.105『大正十五年十一月二十九日(内令二三九) 特務艦類別等級別表ノ通定ム (別表省略)』種別:運送艦、等級:(空白)、艦型:知床型、特務艦名:知床、能登呂、襟裳、佐多、鶴見、尻矢、石廊。
  6. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1p.259
  7. ^ a b #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第二その三「大正十二年三月調艦艇要目等一覧表 その三 潜水艦、水雷艇、特務艦」
  8. ^ a b #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第三その三「昭和六年三月調艦艇要目等一覧表 その三 潜水艦、特務艦、掃海艇」
  9. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1pp.257-264
  10. ^ #T9公文備考21/給油船能登呂、知床、特務艦襟裳製造一件画像20『大正九年五月三日 川崎造舩所 艦政局長 特務艦襟裳午前九時三十分工致シマシタ (了)』
  11. ^ #T9公文備考21/給油船能登呂、知床、特務艦襟裳製造一件画像22『大正九年十月二十八日 午前八時二分神戸局發 午前九時三十八分海軍局着 呉鎮守府司令長官 海軍大臣 (平文) 特務艦襟裳本日午前七時三十分無事進水セリ』
  12. ^ #T9公文備考21/給油船能登呂、知床、特務艦襟裳製造一件画像25『大正九年十二月十六日 午前十一時十五分カウベ局發 午後一時五十分中央局著 發信者川崎造舩所松方幸次郎 受信者艦政本部長 電報譯 特務艦襟裳今日(十二月十六日)午前十一時無事御引渡シ致シマシタ (了)』
  13. ^ a b #海軍制度沿革巻十一の2pp.1057-1087、昭和3年2月14日附内令第43号、艦船要目公表範囲。うちpp.1084-1085。
  14. ^ a b c #T7公文備考20/特務艦製造画像27、(参考)能登呂級給油船 Particulars of 8,000 Ton Oil Steamer. July 12th, 1918.
  15. ^ #T14公文備考42/特務艦要目画像5-6、前部6ft-3in1/2、後部13ft-11in
  16. ^ #T14公文備考42/特務艦要目画像5-6、前部27ft、後部36ft-0in1/4
  17. ^ a b c #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第四その二「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表 その二 潜水艦、水雷艇、特務艦、特務艇、新造艦船」
  18. ^ a b c #海軍造船技術概要p.1726
  19. ^ a b #川崎社史別冊1959p.231
  20. ^ #海軍制度沿革巻十の2pp.645『大正九年八月一日(内令二七七) 海軍定員令中左ノ通改正セラル 附表ノ通運送艦定員表其四ヲ加フ(附表略)』能登呂定員表の計欄、士官11人、特務士官2人、准士官3人、下士官26人、兵115人。同書p.647大正9年9月18日内令335知床追加、p.649同年12月16日内令497襟裳追加、p.651大正10年2月24日内令57佐多追加、p.658大正11年2月8日内令42尻矢追加、p.659同年3月14日内令77鶴見追加、p.663同年10月30日内令364石廊追加。#S19-10-31内令提要1上/第3類 定員(13)画像50、#S19-10-31内令提要1上/第3類 定員(14)画像1などから昭和19年まで戦時増員を除き定員の合計人数に変化はない。
  21. ^ 作成:阿部安雄「日本海軍補助艦艇要目表」#日本補助艦艇物語pp.388-391、特務艦の注1
  22. ^ #日本海軍艦船名考pp.227
  23. ^ 『戦史叢書24』378ページ
  24. ^ 『第五水雷戦隊戦時日誌』C08030118900, pp.4
  25. ^ a b 『戦史叢書24』560ページ
  26. ^ 『第五水雷戦隊戦時日誌』C08030118900, pp.17、『戦史叢書24』563ページ
  27. ^ 『戦史叢書24』563ページ
  28. ^ 『第五水雷戦隊戦時日誌』C08030119100, pp.40
  29. ^ 『第五水雷戦隊戦時日誌』C08030119100, pp.70
  30. ^ a b 『第五水雷戦隊戦時日誌』C08030119100, pp.46
  31. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II
  32. ^ 「SS-144, USS S-39」p.34
  33. ^ 「SS-144, USS S-39」p.33
  34. ^ 『第五水雷戦隊戦時日誌』C08030119100, pp.46,70
  35. ^ #昭和17年1月〜3月 内令 1巻/昭和17年3月(2)画像21『内令第四百四十六號 呉鎮守府豫備特務艦 特務艦襟裳 右第四豫備特務艦ト定ム 昭和十七年三月十四日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  36. ^ このパターンで、戦争初期に沈没して終戦後に除籍された艦艇には、例えば第2号掃海艇、第13号掃海艇、第14号掃海艇、第19号掃海艇がある(『日本の軍艦13』211、213、214ページ。いずれも1945年(昭和20年)11月30日除籍)
  37. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  38. ^ 『官報』第2515号、大正9年12月18日。
  39. ^ 『官報』第2784号、大正10年11月11日。
  40. ^ 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  41. ^ a b 『官報』第3414号、大正13年1月12日。
  42. ^ 『官報』第3434号、大正13年2月6日。
  43. ^ 『官報』第3557号、大正13年7月2日。
  44. ^ a b 『官報』第3609号、大正13年9月2日。
  45. ^ a b 『官報』第3733号、大正14年2月3日。
  46. ^ a b 『官報』第3965号、大正14年11月11日。
  47. ^ 『官報』第4080号、大正15年4月2日。
  48. ^ 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  49. ^ a b 『官報』第99号、昭和2年5月2日。
  50. ^ 『官報』第327号、昭和3年2月2日。
  51. ^ 『官報』第751号、昭和4年7月2日。
  52. ^ a b 『官報』第1051号、昭和5年7月2日。
  53. ^ 『官報』第1155号、昭和5年11月4日。
  54. ^ 『官報』第1275号、昭和6年4月2日。
  55. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  56. ^ 『官報』第2297号、昭和9年8月27日。
  57. ^ 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  58. ^ 海軍辞令公報(部内限)第340号 昭和14年5月25日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075800 
  59. ^ 海軍辞令公報(部内限)第658号 昭和16年6月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081400 
  60. ^ 海軍辞令公報(部内限)第695号 昭和16年8月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081800 

参考文献編集

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 第五水雷戦隊司令部『自昭和十七年一月一日至昭和十七年一月三十一日 第五水雷戦隊戦時日誌』(昭和17年1月1日〜昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1))レファレンスコード:C08030118900
    • 第五水雷戦隊司令部『自昭和十七年三月一日至昭和十七年三月十日 第五水雷戦隊戦時日誌』(昭和17年1月1日〜昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3))レファレンスコード:C08030119100
    • 『大正7年 公文備考 巻20 艦船1/特務艦製造』。Ref.C08021104600。
    • 『大正9年 公文備考 巻21 艦船1/給油船能登呂、知床、特務艦襟裳製造一件』。Ref.C08021556800。
    • 『大正14年 公文備考 巻42 艦船止/特務艦要目』。Ref.C08051419000。
    • 『昭和17年1月~3月 内令 1巻/昭和17年3月(2)』。Ref.C12070161300。
    • 『昭和19年10月31日現在 10版 内令提要 巻1上/第3類 定員(13)』。Ref.C13072049000。
    • 『昭和19年10月31日現在 10版 内令提要 巻1上/第3類 定員(14)』。Ref.C13072049100。
  • SS-144, USS S-39(issuuベータ版)
  • 『海軍制度沿革 巻八』明治百年史叢書 第180巻、海軍省/編、原書房、1971年10月(原著1941年)。
  • 『海軍制度沿革 巻十の2』明治百年史叢書 第183巻、海軍省/編、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 『海軍制度沿革 巻十一の2』明治百年史叢書 第185巻、海軍省/編、原書房、1972年5月(原著1941年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 『川崎重工業社史(別冊)-年表・諸表-』川崎重工業株式会社社史編さん室谷本秋次/編、川崎重工業株式会社、1959年10月。* 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝 全八六〇余隻の栄光と悲劇』光人社、1993年、ISBN 4-7698-0386-9
  • 世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史』海人社、1997年3月号増刊
  • 林寛司・戦前船舶研究会「特設艦船原簿」「日本海軍徴用船舶原簿」『戦前船舶 第104号』戦前船舶研究会、2004年
  • 福井静夫『日本補助艦艇物語』福井静夫著作集第10巻、光人社、1993年12月。ISBN 4-7698-0658-2
  • 防衛研究所戦史室編『戦史叢書24 比島・マレー方面海軍進攻作戦』朝雲新聞社、1969年
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』戦史叢書第31巻、朝雲新聞社、1969年。
  • 『海軍造船技術概要』牧野茂福井静夫/編、今日の話題社、1987年5月。ISBN 4-87565-205-4
  • 写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』雑誌「」編集部/編、光人社、1990年8月。ISBN 4-7698-0463-6