メインメニューを開く

西六郷少年少女合唱団

日本の合唱団

西六郷少年少女合唱団(にしろくごうしょうねんしょうじょがっしょうだん)は、東京都児童合唱団。

目次

概要編集

1951年東京都大田区立西六郷小学校に赴任した鎌田典三郎(のりさぶろう)教諭が、1955年に当時来日していたウィーン少年合唱団の歌声に触発されて男子児童のみによる「西六郷小学校少年合唱」を設立。後に卒業生と女子も加え児童合唱団として「西六郷少年少女合唱団」となる[1]

日本の小学校合唱コンクールで次々と受賞。[要出典]歌のメリーゴーラウンド』へのレギュラー出演や『みんなのうた』の放送曲の歌唱[2]を通じて全国に知られるようになる。1969年発売の合唱曲『チコタン』のレコードは昭和44年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞した。「ぼくらの町は川っぷち」を団歌として歌い続けてきたことでも知られる。

1960年代には、テレビ番組の『鉄人28号』『狼少年ケン』『少年忍者風のフジ丸』『海賊王子』『ハッスルパンチ』『キャプテン・スカーレット』など数々のテーマソングのレコーディングに参加し、アニメソングでも常連の合唱団となる。

1964年インドネシアより準国賓としてスカルノ大統領に招かれる。[3]

1974年加藤登紀子作詞・作曲作品『土耳古行進曲』のコーラスを担当する。

1999年3月、合唱団の創立者である鎌田の死去にともない、故人の遺志によって同年5月3日の演奏会をもって、解団。後に有志により新たに新西六郷少年少女合唱団結成。

2005年5月西六郷少年少女合唱団に再改名[1]。同年9月 OBによる「西六郷鎌田記念合唱団」が発足した。(後述)


西六郷鎌田記念合唱団編集

第一期西六郷少年少女合唱団の解団後に、「伝統の合唱団を街からなくさないで」という団員や地域住民の強い声に押され、OB・OG有志により西六郷鎌田記念合唱団が結成された。

都心に近く、また町工場が多い土地柄でもあり、旧「西六郷少年少女合唱団」のOB・OGの多くが今も西六郷に住んでいる。

[4]

脚注編集

  1. ^ a b 西六郷少年少女合唱団公式ホームページ プロフィール平成30年10月28日閲覧
  2. ^ NHKオンライン みんなのうた 検索結果
  3. ^ 公式Facebook
  4. ^ 「読売新聞」2011年12月26日朝刊・都民版「東京の記憶 下町から天使の歌声 西六郷少年少女合唱団」

外部リンク編集