少年忍者風のフジ丸

1964年から1965年にNETテレビで放送された日本のテレビアニメ

少年忍者風のフジ丸』(しょうねんにんじゃかぜのフジまる)は、1964年6月7日から1965年8月31日にかけてNETテレビ系列で全65話が放送された東映動画製作のテレビアニメである。

少年忍者風のフジ丸

ジャンル 時代劇、忍者
アニメ
原作 白土三平(第28話までの表記)
脚本 飯島敬、志原弘、内田弘三
キャラクターデザイン 楠部大吉郎
音楽 服部公一
アニメーション制作 東映動画
放送局 NET
放送期間 1964年6月7日 - 1965年8月31日
話数 全65話
テンプレート - ノート

放送時間は、初回から1965年1月3日までは日曜日18時30分 - 19時。1965年1月12日から最終回までは火曜日19時30分 - 20時。モノクロ作品。

概要

編集

白土三平の貸本短編集『忍者旋風』(1959年)や、週刊少年マガジンに連載されていた『風の石丸』(1960年)などを原作としたテレビアニメである。番組スポンサーの藤沢薬品工業(現:アステラス製薬及び第一三共ヘルスケア)とのタイアップのため、主人公の名前(番組タイトル)が「フジ丸」と改められた。主題歌の最後にはスポンサークレジットとともに「♪フジサ〜ワ〜、フジサ〜ワ〜、藤沢や〜く〜ひ〜ん」[1]とスポンサー名を連呼する女性コーラスが入っていた[2]

作品は全話モノクロで放送されたが、第1話のみモノクロ版とは別にテスト用として制作されたカラー版が存在する。また作品中にハーモニーカットの実験も行われ、注目を集めた[3]

また、原作を離れ、オリジナルストーリーとなった第29話から原作者としての白土の表記もなくなった[4]

第28話まで、番組のラストには本間千代子を聞き手に初見良昭戸隠流34代目)が忍術を詳しく解説する実写のミニコーナー『忍術千一夜』があった。

久松文雄による漫画版が雑誌『ぼくら』に連載されていた。

あらすじ

編集

物語は大きく二つに分かれる。

第1話から第28話は、白土三平の漫画「忍者旋風」のストーリーを下敷きにしており、フジ丸の生い立ちから始まり、「竜煙の書」をめぐる忍者たちの戦いを描く。赤ん坊だったフジ丸は、母が野良仕事をしている最中にワシにさらわれ、風魔十法斉率いる忍者集団の風魔一族に助けられ、少年忍者として成長する。しかし十法斉が冷酷非情の人間であり、大量殺傷兵器の製法を記した「竜煙の書」を手に入れて天下を支配しようとしているのを知り、これを阻止しようと、恐るべき秘術を持つ風魔の忍者たちや豊臣、徳川の忍者たちと死闘を繰り広げる。その間に、少女美香や身寄りのない少年太郎、わが子(フジ丸)をさらわれて自責の念にとらわれながら、それでも子を探し出そうと旅を続ける母お春などのエピソードが挿入される。

28話までの放送では、6回から10回ごとにそれまでの物語の経過を振り返る「総集編」が挿入される構成だった。

第29話から第65話(最終話)は、主人公のキャラクターをそのままに、脇役の美香と太郎をそれぞれミドリと太助に改名し、フジ丸が東映動画オリジナルの悪役と対決していくストーリー。悪役は南蛮(すなわち外国)からやってきた忍者群、忍盗羽黒族など。

キャスト

編集

主題歌

編集
オープニングテーマ「少年忍者風のフジ丸」
歌 - 鹿内タカシ西六郷少年合唱団 / 作詞 - 小川敬一 / 作曲・編曲 - 服部公一

「忍盗羽黒族編」の始まりの第35話からOP映像が変わって、提供は「藤沢薬品」から「フジザワ薬品」に変便される。

第1期エンディングテーマ「少年忍者風のフジ丸」(第1 - 10話)
歌 - 鹿内タカシ、西六郷少年合唱団 / 作詞 - 小川敬一 / 作曲・編曲 - 服部公一
第2期エンディングテーマ「たたかう少年忍者」(第11話 - 終)
歌 - 西六郷少年合唱団 / 作詞 - 小川敬一 / 作曲・編曲 - 服部公一

解説:第2期EDは3バージョン有り、第1バージョン(第11 - 16話)は前期ED映像(静止画像)を流用し歌は1コーラス、第2バージョン(第17 - 27話)は動画で歌は1コーラス、第3バージョン(第28話 - 終)は第2バージョンに新映像[5]を追加し、2コーラスに拡大する一方、イントロはカットされた。 

各話リスト

編集
話数 サブタイトル 放送日
1 フジ丸参上 1964年
6月7日
2 狼ガ原の決闘 6月14日
3 風魔砦の対決 6月21日
4 追跡者 6月28日
5 謎の怪剣士 7月5日
6 亡霊の洞穴 7月12日
7 総集編 7月19日
8 忍法木の葉がくれ 7月26日
9 水晶の谷 8月2日
10 竜煙の謎 8月9日
11 乱心法暗夜の術 8月16日
12 地獄砦の忍者 8月23日
13 謎の女忍者 8月30日
14 総集編 9月6日
15 虫遁変化の術 9月13日
16 恐怖の風車手裏剣 9月20日
17 忍法螢火の術 9月27日
18 吸血いもりの沼 10月4日
19 伊賀流刃の滝 10月11日
20 忍び凧の脱出 10月18日
21 子の刻参上 10月25日
22 死の絶壁 11月1日
23 死神小僧の逃戦 11月8日
24 総集編 11月15日
25 忍法ぎやまん砦 11月22日
26 忍法顔取りの術 11月29日
27 忍法雷発の術 12月6日
28 竜煙の巻 大団円 12月13日
29 南蛮邪法変 謎の難破船 12月20日
30 あばれ人ごま 12月27日
31 マシンガンの怪人 1965年
1月3日
32 黒豹使いの罠 1月12日
33 恐怖の黒魔術 1月19日
34 まぼろし島の決闘 1月26日
35 忍盗羽黒族 怪盗三日月 2月2日
36 忍法稲妻隠れ 2月9日
37 水牢地獄 2月16日
38 処刑場襲撃 2月23日
39 如月城の仇討 3月2日
40 那智忍者館 隠し牢の少年 3月9日
41 火炎の壁 3月16日
42 水底の忍者 3月23日
43 月影の妖剣 3月30日
44 秘薬の謀計 4月6日
45 枯れ滝の対決 4月13日
46 秘宝大争忍 伊賀火炎陣 4月20日
47 幻水噴流法 4月27日
48 疾風枯葉の術 5月4日
49 南蛮幻獣法 5月11日
50 忍法反射鏡 5月18日
51 甲賀鉄甲術 5月25日
52 忍法火炎竜 6月1日
53 北條乱波党 妖鬼虚空刀 6月8日
54 忍者幽鬼 6月15日
55 影鬼と太助 6月22日
56 副頭領幻鬼 6月29日
57 鹿島流秘太刀 7月6日
58 風雲大阪城 7月13日
59 戦国悪商人 浪人払い 7月20日
60 刀狩り 7月27日
61 大砲騒動 8月3日
62 暗殺者 8月10日
63 悪の城 8月17日
64 忍者の陰謀 8月24日
65 南蛮寺の対決 1965年
8月31日

参考:『東映動画アーカイブス にっぽんアニメの原点』ワールドフォトプレス、2010年。 

第29話から原作者表記が無くなる。

スタッフ

編集

放送局

編集

劇場版

編集

東映系にてTVブローアップ版3本が上映されている。

映像ソフト

編集
  • 本作のビデオソフトは、古くは1971年東映ビデオ第4回発売作品として2万5000円で発売されており[13]、当時はオープンリールの各方式で供給されていた。
  • 1981年頃には東映芸能ビデオから、ミリオンセラー・シリーズとしてカラー版第1話を収録したVHSが1万2800円で発売されていた[14]
  • 2005年ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社から本作の第1話(モノクロ版)、第3話、第4話、第27話および「狼少年ケン」、「ハッスルパンチ」を収録したDVD-BOX「東映アニメモノクロ傑作選 Vol.1」が発売された。2006年には「フジ丸」単品でも発売された。
  • 2013年、ベストフィールドから全話を収録したDVD-BOX全2巻が発売された。第1話はモノクロ版のみの収録となっている。本編後の「忍術千一夜」のコーナーは現存する26話分が収録されている。
  • この他、1986年に東映ビデオから発売された「TVヒーロー主題歌全集 4 アニメ編」(VHS)と、1998年より同じく東映ビデオから発売されたリニューアル版「東映アニメ主題歌大全集」(VHS・レーザーディスクDVD)に、OPとEDが収録、VHS版はカラー版OP・カラー版第1期ED・第2期ED第3バージョンを収録、LDとDVDはメイントラックに先述の3種類のOP・EDを収録し、ボーナストラックにはモノクロ版OP・モノクロ版第1期ED・第2期ED第1バージョン・同第2バージョン、そして「忍術千一夜」OP(2バージョン有り)を収録している。なおOPには藤沢薬品の提供クレジット(&CMソング)も収録されている。

脚注

編集
  1. ^ エンディングでこの部分のコーラスは「♪フジま~る~、フジま~る~、風のフジ~ま~る~」と歌われていた。
  2. ^ こうした例としては、『鉄人28号』(1963年エイケンフジテレビ)や『遊星少年パピイ』(1965年エイケンフジテレビ)でも主題歌の最後にスポンサー名であるグリコを連呼する男性コーラスが入っている。また虫プロが製作した『ジャングル大帝』(1965年)の続編『ジャングル大帝 進めレオ!』(1966年)のオープニングでも、主題歌の後に「さんよう、さんよう、三洋電機」のコーラスが入っている。テレビ放送創成期から1960年代の主流だった、「単独スポンサー番組」ならではである。
  3. ^ 少年忍者風のフジ丸”. 東映アニメーション. 2013年7月10日閲覧。
  4. ^ 白土の『忍者旋風』、『風の石丸』に則った「龍煙の書」をめぐるストーリーが終了し、原作から離れたことを表向きにしているが、実際には東映動画側がキャラクター使用権を独占する目的で、白土を原作者から外したためである。現在、東映アニメーションの公式ページでは作品解説として「白土原作の『忍者旋風』をテレビ用にアレンジした」との記述はあるものの、スタッフ欄には白土の名前は無い。この一件以降、白土は自身の作品の映像化に関しては厳格な姿勢をとっている(「白土三平」の項による)。また本作品直後に東映京都撮影所で制作された実写映画『大忍術映画ワタリ』の内容を巡るトラブルも白土の態度を一層硬化させる要因となった(『ワタリ (漫画)』の項による)。この一件で東映と絶縁状態となった白土だが、1968年に自作「サスケ」のアニメ化で組んだ製作会社こそ、エイケン(旧名:TCJ動画センター)である。
  5. ^ フジ丸の屋敷内での戦闘、フジ丸の岩の飛び移り、フジ丸の「分け身の術」の3種。
  6. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1965年(昭和40年)8月 テレビ欄
  7. ^ 『河北新報』1964年11月4日 - 1965年1月27日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『福島民報』1964年6月18日 - 1965年9月2日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『福島民報』1964年7月4日 - 1965年9月11日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『福島民報』1964年6月14日 - 1965年9月5日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『福島民報』1964年7月3日 - 1965年9月21日付朝刊、テレビ欄。
  12. ^ a b 『北國新聞』1965年4月6日付朝刊、テレビ欄。
  13. ^ https://web.archive.org/web/20040429160457/http://www.jva-net.or.jp/jva/history/zuhyou/hyo_2.3.html
  14. ^ 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号

関連項目

編集

外部リンク

編集
NET 日曜18:30枠
前番組 番組名 次番組
少年忍者風のフジ丸
(1964年6月7日〜1965年1月3日)
【当番組までアニメ枠
わが家の王様
※18:30 - 18:45
NETニュース
※18:45 - 18:55
芸能ニュース
※18:55 - 19:00
NET系 火曜19:30枠
少年忍者風のフジ丸
(1965年1月12日〜8月31日)
【当番組のみアニメ