西千明

日本の元女子プロレスラー

西 千明(にし ちあき、1983年6月16日 - )は日本の元女子プロレスラー。身長 161cm、体重 63kg、血液型B型。愛知県岡崎市出身。

経歴編集

1999年吉本女子プロレスJd'に入門。練習生時代から阿部幸江の唄う「貧乳」のバックダンサーとして注目を集める。2000年8月3日後楽園ホール大会で阿部幸江とのシングル戦でデビューを飾る。

「ナチュラル・ボーン・ナチュラル」とも呼ばれる天然キャラクターの持ち主で、2001年10月には、その天然ぶりが買われて吉本新喜劇に出演した事もある。

また、NEO女子プロレスのレギュラーとしても活躍してJWP女子プロレスアキュート冴(引退)とのコンビ「反マシンガンズ同盟」でNEOマシンガンズと抗争を展開。

2002年3月3日の対MARUとのシングル戦後、突如「普通の女の子に戻りたい」と引退を表明。3月31日に引退式が行われた。

プロレスラーとしての現役生活は1年7ヶ月程であった。

タイトル歴編集

  • 板橋グリーンホール認定タッグ王座(パートナーはアキュート冴

入場テーマ編集

  • EVERYTHING COUNTS(SUBSONIC FORCE) - 「ダンスマニア10」に収録

関連項目編集