西域番国志(さいいきばんこくし、:Xi yu fan guo zhi)は明朝1414年永楽12年)、吏部験封司員外郎の陳誠(字は子魯)と苑馬寺清河監副の李暹による西域見聞録。一部は朝廷に上呈された。18章に分かれる。

内容編集

以下の街の記録があり、内容は山河風土・住民・史跡・物産・気候・宗教・民俗・言語・文字など多岐に亘る。永楽帝により史官にも渡された。

  • 哈烈 - アフガニスタンのヘラート
  • 撒馬児罕 - ウズベキスタンのサマルカンド
  • 俺都淮
  • 八剌黒 - アフガニスタンのバルフ
  • 迭里迷 - ウズベキスタンのテルメズ
  • 沙鹿海牙
  • 塞蘭
  • 達失干 - ウズベキスタンの首都のタシュケント
  • 卜花児 - ウズベキスタンのブハラ
  • 渇石
  • 養夷
  • 別失八里 - 中華人民共和国の新疆ウイグル自治区のビシュバリク
  • 土爾番 - 中華人民共和国の新疆ウイグル自治区のトルファン市
  • 崖児城
  • 塩沢城
  • 火州 - 中華人民共和国の新疆ウイグル自治区の高昌
  • 魯陳城
  • 哈密 - 中華人民共和国の新疆ウイグル自治区のクムル市

意義編集

永楽帝は、三宝宦官の鄭和を西洋に派遣して土地風俗を見聞させた。一方、陸路で結ばれている西域各国の土地風俗についても知る必要があると考え、陳子魯、李暹ら外交官5使を西域に派遣した。

馬歓の書いた『瀛涯勝覧』によって明朝永楽年間の海路沿いの西洋各国の状況が把握でき、陳子魯の『西域番国志』と『西域行程記』でティムール帝国を含んだ陸路西域各国の状況と朝貢関係が把握できるので、これらで明成祖の外交政策の全貌を知ることができる。

『西域番国志』の記録は『明太宗実録』、『大清一統志』、『殊域周咨録』、『咸賓録』などにも少なからず引用されていることからも、この書籍の重要性をうかがい知ることができる。

参考文献編集