メインメニューを開く

西日本二十日会(にしにほんはつかかい)は、かつて西日本に存在した暴力団の親睦団体。前身は関西二十日会

目次

略歴編集

関西二十日会編集

昭和45年(1970年)、下関市合田一家合田幸一総長の提唱により反山口組同盟として結成された。

加盟団体は、合田一家、大阪市松田組神戸市忠成会姫路市木下会笠岡市浅野組広島市共政会北九州市工藤會など[1]

昭和54年(1979年)4月16日、三代目山口組田岡一雄組長は、田岡一雄の自宅で、共政会・山田久会長、侠道会森田幸吉会長、浅野組・浅野眞一組長、共政会・門広相談役と会った。この席で、山口組と、それぞれ関西二十日会に所属していた共政会、侠道会、浅野組との共存共栄路線が確認された[2]

西日本二十日会編集

昭和63年(1988年)、解散した関西二十日会に変わって、新しく西日本二十日会が結成された。関西二十日会とは違い、特に山口組を仮想敵とするわけではなかった。

西日本二十日会の加盟団体は、唐津市西部連合下関市合田一家広島市共政会尾道市侠道会笠岡市浅野組松山市松山連合会(後の山口組松山会)、岡山市木下会徳島市勝浦会高松市親和会大阪市波谷組だった。

平成3年(1991年)、波谷組・波谷守之組長は西日本二十日会から脱退した[3]

同年、西日本二十日会は解散した[3]

脚注編集

  1. ^ 溝口敦『撃滅 山口組vs一和会』講談社<講談社+α文庫>、2000年、ISBN 4-06-256445-9 のP.208
  2. ^ 正延哲士天龍寺弦池田鷹一『実録 遊侠ヤクザ伝 鯨道 四代目山口組若頭 中山勝正』竹書房、2006年、ISBN 4-8124-6342-4 のP.161~P.167
  3. ^ a b 芹沢耕二鴨林源史『実録 王道ヤクザ伝 山口組六代目 司忍』竹書房、2007年、ISBN 978-4-8124-6604-9 のP.154

参考文献編集