西田 在賢(にしだ ざいけん、1954年 - )は、日本コンサルタント実業家経営学者医療福祉経営学経営情報システム)。学位博士(医学)日本医科大学1997年)。県立広島大学大学院経営管理研究科教授

にしだ ざいけん
西田 在賢
生誕 1954年
日本の旗 大阪府
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 経営学
研究機関 マッキンゼー・アンド・カンパニー
医療経済研究機構
東北大学
川崎医療福祉大学
武蔵野大学
静岡県立大学
県立広島大学
出身校 名古屋工業大学工学部卒業
東京大学大学院工学系研究科
修士課程修了
主な業績 医療介護
政策経営に関する研究
医療・介護提供システムの
日米比較研究
主な受賞歴 静岡県立大学学長表彰2016年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

財団法人医療経済研究機構研究主幹東北大学医学部助教授川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科教授、武蔵野大学現代社会学部教授、静岡県立大学経営情報学部教授、静岡県立大学附属地域経営研究センターセンター長(第2代)、静岡県立大学附属医療経営研究センターセンター長(初代)などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

1954年昭和29年)大阪府出身。

名古屋工業大学工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科修了。学位情報工学修士東京大学1979年)、医学博士日本医科大学1997年)。

実業家として編集

実業界での活動としては、マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務。その後、医療用の電子カルテを開発するベンチャービジネスの立ち上げ、外資系企業の経営再建に携わる。

研究者として編集

研究者としては、財団法人医療経済研究機構研究主幹・研究部長、東北大学医学部助教授ハーバード大学公衆衛生大学院客員研究員川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科教授武蔵野大学現代社会学部教授・大学院人間社会・文化研究科教授、武蔵野大学大学院人間社会・文化研究科福祉マネジメント専攻専攻長を歴任。

現在は、静岡県静岡市にある静岡県立大学経営情報学部教授。医療経営学経営情報システム等の講義を担当する。大学院では経営情報学研究科の教授を兼務し、のちに経営情報イノベーション研究科が新設されると、そちらの教授も兼務している。なお、経営情報イノベーション研究科の前身となった経営情報学研究科は、院生が修了する2012年3月まで存続するため、その間は双方の教授を兼任している。また、静岡県立大学地域経営研究センターでは第2代センター長に就任し、その後、新設された医療経営研究センターでも初代センター長を務めた。加えて、学長補佐(社会人教育担当)を兼ねる[1]

さらに、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科客員教授、川崎医療福祉大学客員教授も兼任する。

2016年12月には、教員活動評価において業績が優秀と認められ静岡県立大学学長表彰を受けた[2]

賞歴編集

著書編集

単著編集

共著編集

  • 医療経営革命――米国新潮流に学ぶ戦略発想(西田在賢、ケイミン・ワング共著、日経BP出版センター、1995年)ISBN 4822720322
  • 医療経営革命(西田在賢、ケイミン・ワング著、薬事日報社、2002年)ISBN 4840807116

編著編集

  • 新時代に生きる医療保険制度――持続への改革論(西田在賢編著・橋本英樹ほか著、薬事日報社、2004年)ISBN 4840807833

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「教員人事・客員教授の紹介」『はばたき』117巻、静岡県立大学広報委員会2011年6月、20頁。
  2. ^ 「教員活動評価における業績優秀者への学長表彰」『教員活動評価における業績優秀者への学長表彰:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学2016年12月22日

外部リンク編集

学職
先代:
(新設)
静岡県立大学
医療経営研究センターセンター長

初代:2011年 -
次代:
(現職)
先代:
影山喜一
静岡県立大学
地域経営研究センターセンター長

第2代:2006年 - 2011年
次代:
岩﨑邦彦