メインメニューを開く

西脇 呉石(にしわき ごせき、 1879年(明治12年)3月8日 - 1970年(昭和45年)11月7日)は、日本書家。名は静、字は如練。昭和45年従五位を追贈。

目次

人物編集

福井県大野郡勝山町(現在の福井県勝山市)出身。青山師範学校教諭

漢学を富田鴎波につき、書を村田海石に、海石没後は日下部鳴鶴に学ぶ。また漢詩を国分青香岡崎春石に学び、南画を長田雲堂三谷耕雲原田尾山に学んだ。

1917年(大正6年)には文部省より委嘱をうけて国定書方手本を揮毫した。また、漢詩や南画にも才能を発揮し、「昭和最後の文人」と称された。日展会員・毎日展名誉会員。文化書道会(代々木文化学院)会長。泰東書道院総務。

石碑の揮毫も手がけており、現在全国に30基ほどの石碑を確認できる[1]

略歴編集

家族・親族関係編集

著作編集

  • 『呉石詩書選集』1907年
  • 『三体千字文』1910年
  • 『実用能書術』1917年
  • 『呉石書画集』1934年
  • 『呉石翰墨』1936年
  • 『中等習字帖』1948年
  • 『硬筆書方』1949年
  • 『文化書道講座』1950年
  • 『当用漢字略字新字体毛筆ペン三体帖』1950年[2]
  • 『呉石詩書画』1956年
  • 『趣味の書道』1959年
  • 『高等書道講座』1962年
  • 『呉石詩草』1965年
  • 『呉石作品集』1966年
  • 『米寿記念詩書画』1968年
  • 『米寿記念南山帖』1968年

脚註編集

  1. ^ 林淳『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』収録「西脇呉石石碑一覧表」(勝山城博物館 2017年)
  2. ^ OCLC 34622979

参考文献編集

  • 『東洋文化』復刊第二十六号、無窮会、1971年
  • 『勝山城博物館特別展 西脇呉石乃世界』勝山城博物館、2008年

外部リンク編集