西郷 市之助(さいごう いちのすけ、1872年5月(明治5年)-?)は明治時代の大相撲力士。本名:森崎常太郎。年寄3代陸奥。

175cm 100kg前後。

略歴編集

長崎県南高来郡西郷村生まれ。伊勢ノ海部屋に入門し、1894年5月序ノ口。1895年1月序二段、1896年5月三段目、1897年5月幕下と順調に昇進し、その後病気により一時低迷するが、1901年5月新十両。[1]連続15場所十両を務め、十両筆頭まで進むも入幕はならず、1909年1月幕下に陥落し引退。年寄陸奥となる。

立派な体格で、力量もあり、鳳凰などの薫陶を受けたが、小心のため土俵で不覚をとることが多く、[1]幕内に昇進できなかった。

年寄としては、陸奥部屋を経営し、大潮などの幕内力士を育てた。1936年5月限り大潮に名跡を譲って廃業。没年不明

主な成績編集

  • 十両成績:54勝58敗9分2預[2]
  • 現役在位:30場所
  • 十両在位:15場所

場所別成績編集

春場所 夏場所
1896年 西序二段筆頭 西三段目9枚目
1897年 東三段目2枚目
1898年 西幕下21枚目 東幕下12枚目
1899年 東幕下17枚目 東幕下20枚目
1900年 西幕下15枚目 西幕下8枚目
1901年 西幕下3枚目 西十両10枚目

3勝1敗2分

1902年
1908年 東十両9枚目

3勝3敗

東十両8枚目

2勝4敗

1909年 西幕下3枚目

改名歴編集

  • 西郷市之助(さいごう いちのすけ、〜1909年1月)
  • 陸奥真助(みちのく しんすけ、1909年6月〜1936年5月)

参考資料編集

[1]「当世力士銘々伝 横浜新報社」1903年発行

出典編集

  1. ^ a b c 当世力士銘々伝 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ 西郷 力士情報”. sumodb.sumogames.de. 2019年10月4日閲覧。